まんが日本俺ばなし

主に自分視点で漫画レビューしていく。 最近はSHTも感想とか書くらしい。

世界の闇図鑑について

001l.jpg


アニメあんま観ない自分がずっと観ている数少ないものが「闇芝居」
夜中にやってる5分モノのホラーアニメ。アニメというか本当に紙芝居でアニメと呼んで良いのか怪しい
このシリーズが3月に終わり新しく始まったのがこれ。

監督井口昇…あぁ駄目だこれは…

いや、しかし闇芝居も正直面白くはなかった…なんとなく観続けているだけだからこれも同じぐらいなら行ける!


そう思ったのを後悔するぐらい出来が悪い!

いや、マジで何らかの方法でこれを観て5分を溝に捨てて貰いたいんだけど、1話はまだ「80年代のムック系パロディ」として考えれば成立する。
いや、それでもムックに載ってる中でも出来が悪いレベルだけど。実体験風なのに最後が実体験にならない風だし、あまりにくだらない。もう最後とかオチと言えないし、なんだろうこれ。

ただこれに輪をかけて酷いのが2話。
もう、ひどすぎる…

よくあるホラー的なお話なんだけど、人間関係が5分とは言え雑過ぎるし、正体がざっくり「魔物」ってあたりこの作品のあり方が本気でわからない。
前身である闇芝居は日本のホラーを5分でやってるというあたりで、テンプレートに沿っていた。故にクオリティがイマイチであった。突出した部分がなく、どこかで聞いた話しか出ないからだ。
闇図鑑は日本という枠をやめて「世界」にして色々なUMAや怪奇に触れるのだが、どこの国だとかのディティールも無い。世界である必要性がかなり薄い。
確かに闇芝居もそういったディティールは無かったが、舞台が「日本」という限定的かつ馴染みのある国だから許されていた。世界と銘打ってるのだから現実感を持たせる為にディティールこそ凝るべきなのだ。

それこそ、「この地方にはクランプスという魔物が出る」と言い切ってしまっていいじゃないか。

舞台にピンとこない、化物の正体にもピンとこない、お話にもピンとこない。

こんな塩が2,3粒しか入ってないようなぼやけたスープを飲まされたって美味いわけがない!俺は味平じゃねーんだぞ!


とにかくの酷さ、是非体感して欲しい。5分溝間違い無し!


テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/04/14(金) 22:20:39|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近買った漫画 17/04/06

ここ最近買った漫画でっす
画像は拾ってくるのが面倒だからamazonのリンクになってるよ。
アフィじゃないよ?だってこのブログ出来てから220円しか儲かってないもん




喧嘩稼業8巻/木多康昭
そんなこと言ってたら現状画像表示されねぇ!
刊行ペースが遅い…おそすぎる…
前巻からの十兵衛戦ラスト~文さんスタートまで。
それより淫行ネタ系が復活した!復活した極楽の山本ネタが久々に見れて満足。



チェイサー1~4巻/コージィ城倉
ずっとスペリオールで読んでたんだけど、刊行ペースが遅くて最初の方忘れてたんで購入。
まとめて読むとこの漫画の特異性が出てきますね。
自分は人に勧める時「成人したアオイホノオ」って言ってたんですが、もっと良くわからない何かですね。
現実の事を誇大的に書いたりしているアオイホノオより、どこか一歩入っていってる。
ドキュメンタリー風なんだけど、架空の人物が主軸になってるってのは凄い。アオイホノオのようにモデルもいるかはわからない。
ただ、物語というかこの時間に感情移入してしまう。
恐ろしい漫画です。いや、すごいです。年1冊ぐらいなんで長く付き合う覚悟がいりますけど、面白いのでオススメ。



血まみれスケバンチェーンソー13巻/三家本礼
これで最終巻!?
すんごい飛ばした最終巻だったなぁと思いましたが、映画版のレビューの時も言いましたがB級映画モチーフっぽいのでこれでいいのか?
スッと終わった印象はありますがベストな終わり方だったのかも。
やはり因縁の二人がいなきゃ面白くないしね。
お疲れ様でした。



それでも街は廻っている16巻/石黒正数
何も言うことがねぇ…
ベストどころか完璧に終わった。TRICKとかあぶデカの劇場版ラスト並に綺麗に終わった。
この類の作品は何かしらモヤモヤして終わるかと思ったんですが大きなお世話。完全に杞憂。



悪魔のメムメムちゃん2巻/四谷啓太郎
2巻が案外早く出て驚いてる。
このメムメムちゃん回を追う毎に可愛いけど、駄目というより酷い奴になっていく。一言で言うなら「クズ」です。
1巻よりも2巻のエピソードがそう思えるんですけど、駄目駄目な能力以上に本人は極力努力をしたくない。察しが悪い。狡い。
でも可愛いし憎めないキャラ。
クズなのに「まったくこいつは」ってキャラじゃなくて「可愛い!…冷静になるとクズだなこいつ」というちょっと新しいキャラ。
個人的に今一番オススメの漫画かも。


テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/04/06(木) 22:05:57|
  2. 漫画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近観てるニコニコの動画

最近仕事中の待機時間が多いせいで、暇つぶしに困ってます。

スマホゲーにしても、グラブルは種粉尽きてきてやれることが周回しか無いハムスターじみてきたし、FGOはイベント無いとやることなさすぎるしドッカンバトルはつまらないし

かと言って映画を観る時間というと微妙で、突然仕事に移行するかもしれない。実はあんまり映画を中断したくなくて、家で観るときも一気に観れる!と分かった時しか観ません。
なんていうか、映画を途中で中断するとテンション下がっちゃって勿体無いんですよね。

そんな感じでやることがないので、なんとなくご先祖様(と祖父に聞かされていて実際はよく知らない)小田氏治について調べてました。
自分も先祖ということを聞かされた、というのと小田氏十五代という本を書くにあたってインタビューを受けたという事しか知りません。



こんな弱いのか…最弱とか言われてるし…
肯定的な意見もあるんですけど、どうにもマイナスイメージ。まぁ今の自分が金持ちでもなんでもないって考えたらそりゃそうか。
がっかりしながらご先祖様を調べる中で結構面白い動画を発見しました。



ニコニコ動画のいつかやる社長さんが投稿してる「5分で殿に教わる」シリーズ。
正直こういう動画ってあんま好きじゃないんで観ないんですけど、観てみたら良かったです。いわゆる掛け合い方式でテンポ良くて単純に面白いです。
何よりかなりわかりやすくしてあって、歴史オンチの自分からしても入れる。自分がどんぐらいオンチかというと関が原の戦いをよくわかってないですからね。
他にも世界の偉人、奇人等取り上げた動画もやっていてバリエーション豊富。正直詳しい歴史というより、ネットのまとめを音声で読み上げてくれてるようなレベルなんだけどそれが丁度いいです。
長くても10分以下なので中断できるしね。

残念なことにこちらはあらかた観終わってしまってまた暇つぶしを見つけないといけない。
皆どうやって暇をつぶしているんだ…


テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2017/04/05(水) 17:23:13|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イブラヒムおじさんとコーランの花たち(03/仏)

20160129_1659204.jpg


イブラヒムおじさんとコーランの花たち
仏 2003年 95分
監督  フランソワ・デュペイロン
出演 オマー・シャリフ
    イザベル・アジャーニ




たまには普通の映画でもオススメ、というか観たので感想書いておきます。
これも月イチで行う糞映画を観る会で観たんですが、これは一服の清涼剤的な役割で入ってました。



名前は知ってるけど、なんとなく観るタイプの映画じゃなくて観てませんでした。
だって、この予告お涙ちょうだいっぽいし、あとGAGAだし…

実際この映画はそんなに悪くなかった。というより普通に面白く感じた。GAGAなのに。
本編を観た上で、予告を全員で観たんですがそのうちの1人が「これは予告詐欺では?」という意見がありました。
僕はそこまでではないかな?と思います。予告やPVはあくまで1を10以上にするものであって、このイブラヒムおじさん~に関しては精々3を10にしてるぐらいじゃないかな。
これ関連で叩かれたベイマックスに関しては1を100にしてしまった感じはありますが、個人的にはそこまで責められるほどの誇大広告には感じない。だって兄弟の絆自体はあるし、そこがある程度のテーマに沿っているからだ。


前置き長くなりましたが、感想に入っていきます。

前置きで既に触れましたが、予告通りの映画。
ザックリ言うと「トルコ人であるイブラヒムおじさんがユダヤ人のモモ少年と交流して人生を知るお話」です。

…ザックリし過ぎました。

でも基本はこのラインの話で、まずこの少年のモモが女を買おうとしているところからスタートします。
明らかに子供ですが、お小遣いやらなんやらを貯め父親のYシャツを着込んで大人が言いそうなセリフを延々練習する。
ちょっと違いますが、日本の中学生がエロ本買うのに精一杯めかし込むみたいな可愛らしさ。というかおかしさ?

最初は全然相手にもされず、お前16歳じゃないじゃん等軽くあしらわれるだけ。ですが、そこはモモ美形なのでムチムチのお姉さんと一発ヤラセてもらいます(お金を払って)

o0330019511128580650.jpg




うらやましい!!!!


ココらへんは予告にあまりタッチしてない部分ですが、とにかく風俗狂いになっていくんですよ!
しかも出て来る女の人全員美人なうえに、なんていうか色っぽい。すごい失礼な言い方すれば全員良い商売女感出てるんですよ!
俺だって13歳から後腐れ無くパコパコしたかったよ…モモがイケメンだから出来た技な気もするけど。

モモがこうなってしまった原因として家庭環境がある、というか父親が暴力とか振るわないけどクソ野郎なんです。
あまりに息子に興味が無いというか、家政婦ぐらいの印象しか持ってないんじゃないか?
褒めることをせず、何かと別れた女房に着いていった兄とモモを比べたり誕生日も普通に忘れたり父親としてはダメダメ。
おまけに仕事もクビになり、最後は金だけ置いて息子を捨ててしまいます。
クズ野郎すぎる…

そんなモモの話し相手になっているのが、イブラヒムおじさん。近所にある商店のおじさん(見た目はおじいさんでCV東方不敗)なのだが、モモの内心を言い当てたり格言を言ったりだいぶがばいです
o0400026713744469191.jpg


がばいのがばくねーので言ったら相当がばいじいさんで、「幸せになればまず笑う事だ。」と諭してきたり、コーランに教えが全てあるとユダヤ人のモモにコーランをガンガン勧めてきます。
大丈夫?宗教戦争に発展しない?

ただ、このコーランからの教えを説いていくというよりもモモの悩みに対して引用するという形。なのでセーフです?

父親が蒸発&轢死したのでモモはイブラヒムおじさんに養子にしてよ!とせがむと二つ返事でオーケー。心が広すぎる。
そして、おじさんの故郷へと二人で旅に出る事になる。

o0280018513744444111.jpg


様々な国を経て(その描写はバッサリカット)遂におじさんの住んでいた村直前でおじさんは事故ってしまい、瀕死の重体。
最後に自分はこの人生に満足だった、モモと楽しい日々を過ごせたし、最期の瞬間を故郷で迎えることが出来た。あとコーランを読めと宣伝もしながら息を引き取りました。

ここらへんが予告の部分ですが、尺的には3分の1も無く確かに全面に押し出すには無理があるか?となるんですが、個人的にはここにたどり着くための土台作りであったんだなぁと感じました。
イブラヒムおじさんの養子になってからさらに深く宗教観、いうなれば死生観や人生観に触れたりする描写があってイブラヒムおじさんの死というものを経てモモに託すことが出来たんです。
確かにおじさんの死はお涙頂戴になってはいるんですが、ここに来るまでの土台がシッカリしていたので唐突感や泣くためだけって感じにはならない。


ラストはモモがあの通りの商店の店主になっておしまい。
これでもかというほどハッピーエンド。


総じて土台の期間が長いのが気になりますけど、モモとおじさんの交流は結構面白いし、エロいねーちゃんがいっぱい出てくるし観て損はしません。多分ね。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/04(火) 17:23:22|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エクスプローラーズ(1985/米)感想

806732_01.jpg


エクスプローラーズ
米 1985年 109分
監督  ジョー・ダンテ
出演 イーサン・ホーク
    リヴァー・フェニックス





huluに入ってて、昔観た時は面白い印象あったので折角だから視聴。

ウワー!キツイ!

ジュブナイルSF。いや、グレムリンと同じくファンタジー映画だろうこれは。
なぜならグレムリンのジョー・ダンテ監督だもの。


お話としては至極単純で「いじめられっ子のSFナードと、子供ながらに天才科学者、家庭環境に問題の有る擦れたマセガキ」の三人が夢を通じて電子回路の設計図を手に入れガラクタ宇宙船で宇宙に行く。
以上です。

img_2.jpg


いや、本当に以上でめくるめく冒険の旅とかじゃなくて宇宙に行くっていうのが8割型の目的であって宇宙に行ったらどうするという目標は無い。強いて言えばこの電子回路図を教えてくれた宇宙人?に会いに行くぐらい。
なのでストーリー上で大きい緊張感もなく、材料を手に入れたり、ちょっと揉めたり。

この映画100分以上ありますがその半分は少年たちのパッとしない日常とガラクタ集め。
でも、この冴えない日常がちょっと良くて

「空を飛べるようになったら女の子の着替え覗けるぜ・・・えっへっへ…」

「何バカなこと言ってんだよ!」


なんてやり取りをした次のシーンでは覗きに行ってるんですよ。

この童貞臭さ良いでしょ?もう少しこういうくだらなさに振ってくれたら最高なんだけど、本当にそのシーンぐらい。

ジュブナイル映画としてはありか?と言われると所々詰めの甘さというか、いくらなんでも子供を馬鹿にしてんのかってレベルのギャグを平気でぶっこんでくるので首を捻ります。
特に中盤以降に出てくる、グレムリンとダーティキッズぶきみくんを足して2で割ってクソをコーティングしたような宇宙人が出てくるんですが、地球のテレビを観て言葉を覚えたせいで終始テレビの音声のモノマネをしながら喋りかけてくる。

movie_03260.jpg
お前はハーミットパープル(スタンド)か!

とにかく見た目にも喋り方にも不快感MAXなんですよこいつ。
しかも良くわからないことに「地球は怖い所だからダメだ!(SF映画見ながら)友達になれると思ったけどやっぱ帰って!」と10分間モノマネを聞かされたあげく言い出す始末。

ナード少年も「クソ滑ってるモノマネ聞いたのにそりゃねえだろ!」
正論すぎる…

最後は宇宙人の親が出てきてお前ら子供だったのかよ!で地球に返される。
地球に返される反動で宇宙船がオシャカだけど、最後は夢の中で好きな娘と空を飛んでHAPPY!


なんだそりゃ!!!一生飛んでろ!!!!


この映画、全体的に「80年台のノリとセンスだけで作ってた映画」って感じなんですけど、一つだけ良いところがあって宇宙船のデザインが凄く良いんです。
ガラクタから作った砲台のないボールって様相で、豪華な棺桶なんですが実に子供が実物を模倣した宇宙船らしくて良い。
これを作ってる、処女飛行の時はワクワクします。

img_6.jpg


後、この宇宙船を飛ばすにあたって「空気抵抗を完全に無くす円形のフィールド発生装置」「酸素を無限に発生させる装置」がコンピューターに設計図を入れるだけで完成するというガンダムAGEで見たシステムを1985年にして手に入れています。
というか、酸素に関してはパソコンから直に出てます。
そう考えると宇宙船はますますパソコンが開ける大きさの棺桶なんですよね。


…こんな夢のないことを言ってるからファンタジー映画向かないんだなって思いました。


あと、宇宙船を飛ばすというだけなら「破壊魔定光」のミサイル飛ばすエピソードのほうがジュブナイルらしくて好きです。


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/03/24(金) 16:47:47|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad