まんが日本俺ばなし

主に自分視点で漫画レビューしていく。 最近はSHTも感想とか書くらしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コーマン帝国(2011/米)感想

91nfWnIRDlL_SL1500_.jpg


コーマン帝国
(原題:Corman's World: Exploits of a Hollywood Rebel)
米 2011年 91分
監督 アレックス・ステイプルトン
出演 ロジャー・コーマン






偉大な映画監督ロジャー・コーマンのドキュメンタリー映画なんですけど、知らない人がこのタイトル見たらジャンプのゆらぎ荘みたいな騒ぎになりそうですね。

うちのブログでもロジャー・コーマン作品を取りあえげたりしていますが、これは単に自分が好きだから贔屓してるとかではなく監督作や、製作総指揮で関わってる数が異常な程多いと言うことです。
その多さはwikipediaに「多すぎるんで一部抜粋します」って注釈が出るほど。

20120221210628099.jpg



ロジャー・コーマンはとにかく低予算で黒字を出す事を優先する「早い 安い 旨い」を地で行く監督としても有名で「リトルショップ・オブ・ホラーズ」は2日で撮影したなんて逸話があるぐらい。
実際酷い部分も多いけど、リトルショップ・オブ・ホラーズは舞台化したり、リメイク版が作られたりするぐらい人気がでているのも事実。リメイク版はゴーストバスターズでも有名なリック・モラニスもでてるし面白い。これもオススメ(コーマン関わっていないが)

コーマン自体はB級映画の帝王なんて呼ばれて、実際B級映画をガンガン撮って作り続けていく様が記録映像や周りのインタビューが主。
このインタビューに出る人がやたら豪華で、年代もバラバラ。広い年代に影響を与えているってのが凄いよく分かる。
しかも、そのインタビューで分かるんですがかなりの確率でお世話になっている。もう、映画界でロジャー・コーマンの世話になって無いやつはいないのでは?ってぐらい世話をしているんですよ。
映画界のブッチャーブラザーズのぶっちゃあさんみたいなもんですね(規模が違うきもするけど)

maain.jpg


賞とは無縁のB級の帝王が、遂に80歳を越えて賞を貰ったりする当たり感動しますよ。
しかも、まだまだ撮るぞ!ってやる気満々。事実、この数年後にデス・レース2050を撮ってますからね。映画に人生捧げてるってのはこういう人を言うんだなと感心させてくれます。

最近レビューしたキャノンフィルムズ爆走風雲録と似ている部分も多いんですが、こちらはインタビューが凄い面白いんですよ。
特にスター・ウォーズが配給された当時の思ったことを語るシーンは貴重だなぁと。B級映画を超予算で作成されたわけですから、B級映画作ってた側からすると凄い心境だったみたいです。

監督に焦点を当てているだけではなく、映画の歴史における大きな流れが変わった瞬間も分かる。半世紀かけ、今なおクリエイターで有り続けているからこそ出来るドキュメンタリーかと。

個人的にはかなり面白かったのでオススメです。


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/07/13(木) 17:40:01|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kingofdevil.blog47.fc2.com/tb.php/299-27595fbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。