まんが日本俺ばなし

主に自分視点で漫画レビューしていく。 最近はSHTも感想とか書くらしい。

キャノンフィルムズ爆走風雲録(14/以)

81Mkf8PxAaL_SL1457_.jpg


キャノンフィルムズ爆走風雲録
以 2014年 89分
監督  ヒラ・メダリア
出演 メナヘム・ゴーラン
    ヨーラム・グローバス






最近ドキュメンタリー映画ブームが自分の中でキていて、その火付けになったのがこの作品。
ドキュメンタリーなんで感想短めになりますが、オススメ度では最近観た映画ではトップです。

80年代映画好きならそこそこ知っている人いるんじゃないでしょうか。このマーク見覚えありません?

3239.jpeg


サイボーグやニンジャシリーズは(一部に)有名ですが、今では午後ローでもあんま見かけないので知らない人は全然知らないかもですねぇ。
検索するとカメラのキャノンが出るし、wikipediaにも情報があまり無く、調べにくいとは思いますがそこら辺は調べてもらえれば。

このドキュメンタリーは80年代に一時代を築き、そして消えていったキャノンフィルムズ。
数々のB級映画や、時にはメジャー級の映画を作ったこの会社を0から設立したゴーランとヨーラムの二人に焦点を当てています。

71S7K-YDq8L_SL1500_.jpg

イスラエルで映画を作り、有名になった二人はほぼ文無しで本場アメリカへ渡ります。とてもじゃないけど賢いとは言えませんよ。
でもヨーラムが資金を集めゴーラムが映画を作り、多少苦労はしたもののなんと大成功を収めてしまうんですよ。
理由はハイ・コンセプト映画を延々量産し続けたということ。

「映画に必要なのはサスペンス、お笑い、暴力、希望、人情、ヌード、セックス、そしてハッピー・エンド。ハッピー・エンドは必須条件だ。」

と劇中で語られる通り至極単純な作りの娯楽映画ですね。

いわゆる「エロ、バイオレンス、ハッピーエンド」という80年代のハリウッドのイメージを作っている、批評家からしたら下劣なB級映画を大量生産。
あれよあれよとハリウッドを上り詰めていきます。ドキュメンタリー内では当時3分の1?がこのキャノンフィルムズがシェアを占めて、最盛期にはMGMまで吸収してしまう。
だけどこれ、わかりますよね。

…完全にバブル。
大きく膨れ上がったキャノンフィルムズが弾けてしまう瞬間がきてしまうわけです。
悪名高い「スーパーマンⅣ」を作り上げ、評価を落とし会社はそのまま縮小して消えてしまう。

二人は会社が無くなる前に袂を分かち、各々イスラエルに戻り映画を作り続けたが、合流することは無かった…下線文

なんですが、映画のラストで二人は再開し映画館で今まで作った映画を鑑賞して終りを迎える。
このシーンの会話が本当に良いので是非観て欲しい…
不覚にも泣きそうになった。

あさ


だいぶ端折りましたが、この映画で分かることはゴーラムの異常なまでの映画作りへの執念。
「映画を撮りたかったら叔母を殺して金を奪ってでも撮れ」
と言い放つぐらいです。頭おかしいでしょ?


映画好きじゃないと途中飽きちゃうかもしれない題材ですが、この二人の成り上がり、そして転落、再開と物語のように良く出来ているので「ドキュメンタリーって退屈」と思ってる人もどうかチャレンジしてみて下さい
一時代を築いた狂人ってのは楽しいですよ。


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/20(木) 06:12:03|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kingofdevil.blog47.fc2.com/tb.php/294-619187b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad