まんが日本俺ばなし

主に自分視点で漫画レビューしていく。 最近はSHTも感想とか書くらしい。

イブラヒムおじさんとコーランの花たち(03/仏)

20160129_1659204.jpg


イブラヒムおじさんとコーランの花たち
仏 2003年 95分
監督  フランソワ・デュペイロン
出演 オマー・シャリフ
    イザベル・アジャーニ




たまには普通の映画でもオススメ、というか観たので感想書いておきます。
これも月イチで行う糞映画を観る会で観たんですが、これは一服の清涼剤的な役割で入ってました。



名前は知ってるけど、なんとなく観るタイプの映画じゃなくて観てませんでした。
だって、この予告お涙ちょうだいっぽいし、あとGAGAだし…

実際この映画はそんなに悪くなかった。というより普通に面白く感じた。GAGAなのに。
本編を観た上で、予告を全員で観たんですがそのうちの1人が「これは予告詐欺では?」という意見がありました。
僕はそこまでではないかな?と思います。予告やPVはあくまで1を10以上にするものであって、このイブラヒムおじさん~に関しては精々3を10にしてるぐらいじゃないかな。
これ関連で叩かれたベイマックスに関しては1を100にしてしまった感じはありますが、個人的にはそこまで責められるほどの誇大広告には感じない。だって兄弟の絆自体はあるし、そこがある程度のテーマに沿っているからだ。


前置き長くなりましたが、感想に入っていきます。

前置きで既に触れましたが、予告通りの映画。
ザックリ言うと「トルコ人であるイブラヒムおじさんがユダヤ人のモモ少年と交流して人生を知るお話」です。

…ザックリし過ぎました。

でも基本はこのラインの話で、まずこの少年のモモが女を買おうとしているところからスタートします。
明らかに子供ですが、お小遣いやらなんやらを貯め父親のYシャツを着込んで大人が言いそうなセリフを延々練習する。
ちょっと違いますが、日本の中学生がエロ本買うのに精一杯めかし込むみたいな可愛らしさ。というかおかしさ?

最初は全然相手にもされず、お前16歳じゃないじゃん等軽くあしらわれるだけ。ですが、そこはモモ美形なのでムチムチのお姉さんと一発ヤラセてもらいます(お金を払って)

o0330019511128580650.jpg




うらやましい!!!!


ココらへんは予告にあまりタッチしてない部分ですが、とにかく風俗狂いになっていくんですよ!
しかも出て来る女の人全員美人なうえに、なんていうか色っぽい。すごい失礼な言い方すれば全員良い商売女感出てるんですよ!
俺だって13歳から後腐れ無くパコパコしたかったよ…モモがイケメンだから出来た技な気もするけど。

モモがこうなってしまった原因として家庭環境がある、というか父親が暴力とか振るわないけどクソ野郎なんです。
あまりに息子に興味が無いというか、家政婦ぐらいの印象しか持ってないんじゃないか?
褒めることをせず、何かと別れた女房に着いていった兄とモモを比べたり誕生日も普通に忘れたり父親としてはダメダメ。
おまけに仕事もクビになり、最後は金だけ置いて息子を捨ててしまいます。
クズ野郎すぎる…

そんなモモの話し相手になっているのが、イブラヒムおじさん。近所にある商店のおじさん(見た目はおじいさんでCV東方不敗)なのだが、モモの内心を言い当てたり格言を言ったりだいぶがばいです
o0400026713744469191.jpg


がばいのがばくねーので言ったら相当がばいじいさんで、「幸せになればまず笑う事だ。」と諭してきたり、コーランに教えが全てあるとユダヤ人のモモにコーランをガンガン勧めてきます。
大丈夫?宗教戦争に発展しない?

ただ、このコーランからの教えを説いていくというよりもモモの悩みに対して引用するという形。なのでセーフです?

父親が蒸発&轢死したのでモモはイブラヒムおじさんに養子にしてよ!とせがむと二つ返事でオーケー。心が広すぎる。
そして、おじさんの故郷へと二人で旅に出る事になる。

o0280018513744444111.jpg


様々な国を経て(その描写はバッサリカット)遂におじさんの住んでいた村直前でおじさんは事故ってしまい、瀕死の重体。
最後に自分はこの人生に満足だった、モモと楽しい日々を過ごせたし、最期の瞬間を故郷で迎えることが出来た。あとコーランを読めと宣伝もしながら息を引き取りました。

ここらへんが予告の部分ですが、尺的には3分の1も無く確かに全面に押し出すには無理があるか?となるんですが、個人的にはここにたどり着くための土台作りであったんだなぁと感じました。
イブラヒムおじさんの養子になってからさらに深く宗教観、いうなれば死生観や人生観に触れたりする描写があってイブラヒムおじさんの死というものを経てモモに託すことが出来たんです。
確かにおじさんの死はお涙頂戴になってはいるんですが、ここに来るまでの土台がシッカリしていたので唐突感や泣くためだけって感じにはならない。


ラストはモモがあの通りの商店の店主になっておしまい。
これでもかというほどハッピーエンド。


総じて土台の期間が長いのが気になりますけど、モモとおじさんの交流は結構面白いし、エロいねーちゃんがいっぱい出てくるし観て損はしません。多分ね。



スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/04(火) 17:23:22|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kingofdevil.blog47.fc2.com/tb.php/290-6e248ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad