まんが日本俺ばなし

主に自分視点で漫画レビューしていく。 最近はSHTも感想とか書くらしい。

同人ボドゲ制作(Scamount編)

なんか昨日の記事をリツイートして頂いたみたいで、適当に書いたのに申し訳ないという気持ちがいっぱいなので今日はScamount流の同人ボドゲ制作術を思い出す限り書いておきます。


正直、ゲームのシステムの作り方は個人でどういうのが作りたい!とかあるはずなんで軽めにだけ話します。
経験則+αでお話するので、多少事実とも違う(振り返ってみればこうすればよかった等も混ぜつつ)話していきます。
後、当たり前のことも書いていくので


その1 スケジュールを決めよう

当たり前の事すぎるんですが、これ重要ですよね。
サークル内で下手すると自分がいちばん気にしているのがこれです。
ボードゲームの印刷は費用が高いのもあるのですが、本に比べて時間がかかり融通が効きにくいです。

同人ボードゲームのようにカードやボードの印刷をやっている印刷屋さんは、同人誌を印刷してくれる印刷屋さんより多くないためかな?
その為、どうしても数が集中しがちでイベントに間に合うサークル数を打ち切ってしまうこともあります。
なので、かなり迅速に、予め準備をすすめるのが重要です。

例えば、2016年、2015年両方ゲムマ秋に出ましたが、以下のことを決めて行きました。守れたかはともかくね!

イベントが11月末~12月頭と仮定

・ゲームシステムは完成は遅くても8月中頃目指し
・イラストの納品は9月中頃目指し
・デザインの発注は印刷屋さんに入れる2~3週間前に発注を済ませる



イラストやデザインの発注は後ろの項目で少し触れますね。
基本的に納品のお尻はずらせないので、そこから逆算していくような形ですね。
そうなると自然とこのスケジュール組みになって、いかに時間がないかがわかって汗が吹き出すわけです。

スケジュールの基準になる参加イベントですが、現状ゲームマーケット(http://gamemarket.jp/)しか存在しないと言っても過言ではないです。無いのですが、ゲームマーケットは一年の内関東で2回、関西で2回と決まっているので、このどちらに出るかで、起点となる出展時期を決めましょう。





その2 ゲームの内容とコンポーネントを決めよう

これも当たり前なんですけど、重要ですね。
ゲームの内容やコンポーネントの取り決めはこのブログ記事がわかりやすいので是非参考にしてみて下さい。

Scamountは他所と違ってテーマから決めることが多くて、コンポーネント(内容物)は最後に決まるため結構ワチャワチャします。

それは上の項目でも言ったとおり発注の段階で枚数やなんやらイラストレーターさんやデザイナーさんに言わないといけないからです。
カードならイラストは何枚必要なのか?デザインで何枚共通の素材が必要なのか?
それをはっきりさせるのは出来ることなら早めのほうが良いです。

うちのサークルのシステムの決め方としては、大体以下の流れ

1:3人のうち誰か草案となるシステムを考える
2:集まる日を決める
3:カラオケ屋等、実際に集まってテストプレイをする
☆:システムが決まるまで2~3を繰り返す
★:システムに欠陥がある場合1に戻る
4:システム決まったらもう一度ルールを確認


基本はこうですが、☆にある2~3を延々繰り返すって感じですねうちは。
草案が本当に昨日少し考えてみたという感じなのと、これは他の人間がやって面白いのか?等疑問も襲ってくるわけです。

まぁ要するにトライ&エラーを延々繰り返して、自分や周りの人間がある程度納得するまでやるってことですね。




その3 デザインやイラストを発注しよう

うちのサークル、デザインやイラストが出来る人間がいません。
これはアドバンテージで言えばかなり遅れをとっています。
金銭面で厳しいのもそうですし、イラストが思っていたのと違うなんてことも今のところはありませんが、今後出るはずです。

ただ、イラストレやデザインを外注にするということによって、素人の自分が作るよりはるかに良いものが出来ているのは確かです。

任せられる仕事はできる人に任せる!


なんか、社訓みたいな感じになってしまいましたが…
イラストやデザインが想像より良くなることも勿論あるし、一定のクオリティが約束されます。僕はのび太と肉薄するぐらい絵が下手なのでこれは最重要事項でした。
だったらいっそお金を払いお願いしてみるという手は全然アリです。
お金を印刷費より多く払って知り合いの方に思い切って頼んでみましょう。

勿論、イラストを頼むのは知り合いじゃなくてもいいですがその場合はメール文面やお金のことはきっちりしていきましょう。
知り合いがきっちりしなくていいわけじゃないですけどね!





大まかにはこんな感じですかね。
一人でも勿論出来ることだとは思うのですが、テストプレイやイラスト、デザインについては思い切って知り合いの方に相談してみるのが良いと思います。
一人回しでは他人の複雑な考えの再現の限界や、欠点の見落としもありますのでせめてテストプレイをやってくれる知り合いを見つけてみましょう。

というか、そのためのサークル設立でもあったので…
あと、印刷費割れるしね!


あなたの近くの人を踏み台にレッツ同人ボドゲ!


スポンサーサイト
  1. 2017/01/18(水) 23:11:34|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kingofdevil.blog47.fc2.com/tb.php/283-f2074d36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad