FC2ブログ

まんが日本俺ばなし

主に自分視点で漫画レビューしていく。 最近はSHTも感想とか書くらしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

漫画レビュー ひめなカメナ

ひめなカメナ 1 (1) (IDコミックス REXコミックス)ひめなカメナ 1 (1) (IDコミックス REXコミックス)
(2006/11/09)
結城 心一

商品詳細を見る


タイトル:ひめなカメナ

作者:結城心一

ジャンル:ギャグ まったり パロディ

巻数:全4巻




■ストーリー(内容)■
■6点■


 海からやってきた、ランドセルを背負う世間知らずの「自称」姫の少女。それにかかわっていく近所の方々。さらに「姫」の座を争うべく海からの刺客もあらわれ・・・

 と基本設定だけ言うと普通のドタバタモノのギャグ漫画に聞こえるが、この漫画の本質はそこではない。
 普通の話に見え隠れする、濃いパロディやネタである。一般的でない濃いモノが多く、ここで好き嫌いがわかれてしまう事があるだろう。
特にストーリー上海洋生物ネタが多く、一般的にあまり知られていない海洋生物が出てきたりもする。
その他では作者の他作品のキャラが現れたり、その当時に放送していたアニメのパロディ、他の漫画のパロディが見受けられる。

 以上を踏まえストーリーに様々な要因が混ざりあい、内容としてはかなり混沌としている。
そのため、一般向けというよりは狭い範囲へ向けたギャグ漫画とも受け止められる。

 フォローではないが、あくまで「ネタが散りばめられている」という事であり、内容自体は普通のギャグ漫画でもある。
 とは言ってもそれもブラックな事が多く、大爆笑というよりは「ニヤニヤ」してしまう。
 
 そういう意味で、一般向けではない、マニアックな漫画だが普通のギャグ漫画でも読めるとしてこの点数をつけた。



■キャラクター■
■6点■


 ストーリーの項でも触れたが、海からの刺客や主人公のひめなに振り回される人々がメインである。
外見的にもランドセルをつけている主人公や、マフラーを常につけているキャラ等、記号的にはわかりやすいキャラ付けがなされている。
また、海からの刺客は人の姿をしているが海洋生物の特性をもっていたりするため、そういう点でも濃いキャラクター設定である。

 また、海洋生物組は地上の事をあまり知らず、珍妙な行動を起こしたりする。
 敵側にスポットが当たることも多くあり、場面的には薄いという事は少ない。
その反面、海洋生物がらみではないキャラクターは(一部を除いて)影が薄くなっている時が見受けられる。



■台詞■
■4点■


 何度も言うが、マニアックなネタが入ることも多く台詞自体が重要となる場面が少ない。
キャラクターが世間知らずなことや、マニアックな事が多く、それに関する台詞も多い。

 内容に食われている感はあるか。



■画力■
■5点■


 特に画力自体が秀でているわけではないが、安定している。
作画の崩れはあまり見受けられない。
シンプルな線で見やすく、ギャグ向きと言った感じ。



■総括■
■21点■


 序盤はストーリーモノのギャグ漫画であるが、後半に進むにつれネタの濃さが増していく。
マニアックなネタが多く、読む者をだいぶ選んでしまうのがもったいない。

 だが、マニアックゆえにわかる場面では「ニヤッ」としてしまう。そんな場面が多々あった。
普通のギャグ漫画としても笑える部分はあり、ネタに気づかない場合もある程度は読めるだろう。

 ギャグ漫画としてみると、オーソドックスとは少し違う、どこか不思議な作風。
ジャンルとしてほのぼの、と書いたがいざ読むとどこかずれている感覚。

 全部楽しむにはある程度の知識は必要かもしれないが、一度手に取ればその作風に心惹かれるかもしれない。


スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/05/15(金) 11:20:41|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kingofdevil.blog47.fc2.com/tb.php/12-04fbae76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。