まんが日本俺ばなし

主に自分視点で漫画レビューしていく。 最近はSHTも感想とか書くらしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャノンフィルムズ爆走風雲録(14/以)

81Mkf8PxAaL_SL1457_.jpg


キャノンフィルムズ爆走風雲録
以 2014年 89分
監督  ヒラ・メダリア
出演 メナヘム・ゴーラン
    ヨーラム・グローバス






最近ドキュメンタリー映画ブームが自分の中でキていて、その火付けになったのがこの作品。
ドキュメンタリーなんで感想短めになりますが、オススメ度では最近観た映画ではトップです。

80年代映画好きならそこそこ知っている人いるんじゃないでしょうか。このマーク見覚えありません?

3239.jpeg


サイボーグやニンジャシリーズは(一部に)有名ですが、今では午後ローでもあんま見かけないので知らない人は全然知らないかもですねぇ。
検索するとカメラのキャノンが出るし、wikipediaにも情報があまり無く、調べにくいとは思いますがそこら辺は調べてもらえれば。

このドキュメンタリーは80年代に一時代を築き、そして消えていったキャノンフィルムズ。
数々のB級映画や、時にはメジャー級の映画を作ったこの会社を0から設立したゴーランとヨーラムの二人に焦点を当てています。

71S7K-YDq8L_SL1500_.jpg

イスラエルで映画を作り、有名になった二人はほぼ文無しで本場アメリカへ渡ります。とてもじゃないけど賢いとは言えませんよ。
でもヨーラムが資金を集めゴーラムが映画を作り、多少苦労はしたもののなんと大成功を収めてしまうんですよ。
理由はハイ・コンセプト映画を延々量産し続けたということ。

「映画に必要なのはサスペンス、お笑い、暴力、希望、人情、ヌード、セックス、そしてハッピー・エンド。ハッピー・エンドは必須条件だ。」

と劇中で語られる通り至極単純な作りの娯楽映画ですね。

いわゆる「エロ、バイオレンス、ハッピーエンド」という80年代のハリウッドのイメージを作っている、批評家からしたら下劣なB級映画を大量生産。
あれよあれよとハリウッドを上り詰めていきます。ドキュメンタリー内では当時3分の1?がこのキャノンフィルムズがシェアを占めて、最盛期にはMGMまで吸収してしまう。
だけどこれ、わかりますよね。

…完全にバブル。
大きく膨れ上がったキャノンフィルムズが弾けてしまう瞬間がきてしまうわけです。
悪名高い「スーパーマンⅣ」を作り上げ、評価を落とし会社はそのまま縮小して消えてしまう。

二人は会社が無くなる前に袂を分かち、各々イスラエルに戻り映画を作り続けたが、合流することは無かった…下線文

なんですが、映画のラストで二人は再開し映画館で今まで作った映画を鑑賞して終りを迎える。
このシーンの会話が本当に良いので是非観て欲しい…
不覚にも泣きそうになった。

あさ


だいぶ端折りましたが、この映画で分かることはゴーラムの異常なまでの映画作りへの執念。
「映画を撮りたかったら叔母を殺して金を奪ってでも撮れ」
と言い放つぐらいです。頭おかしいでしょ?


映画好きじゃないと途中飽きちゃうかもしれない題材ですが、この二人の成り上がり、そして転落、再開と物語のように良く出来ているので「ドキュメンタリーって退屈」と思ってる人もどうかチャレンジしてみて下さい
一時代を築いた狂人ってのは楽しいですよ。


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/20(木) 06:12:03|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界の闇図鑑について

001l.jpg


アニメあんま観ない自分がずっと観ている数少ないものが「闇芝居」
夜中にやってる5分モノのホラーアニメ。アニメというか本当に紙芝居でアニメと呼んで良いのか怪しい
このシリーズが3月に終わり新しく始まったのがこれ。

監督井口昇…あぁ駄目だこれは…

いや、しかし闇芝居も正直面白くはなかった…なんとなく観続けているだけだからこれも同じぐらいなら行ける!


そう思ったのを後悔するぐらい出来が悪い!

いや、マジで何らかの方法でこれを観て5分を溝に捨てて貰いたいんだけど、1話はまだ「80年代のムック系パロディ」として考えれば成立する。
いや、それでもムックに載ってる中でも出来が悪いレベルだけど。実体験風なのに最後が実体験にならない風だし、あまりにくだらない。もう最後とかオチと言えないし、なんだろうこれ。

ただこれに輪をかけて酷いのが2話。
もう、ひどすぎる…

よくあるホラー的なお話なんだけど、人間関係が5分とは言え雑過ぎるし、正体がざっくり「魔物」ってあたりこの作品のあり方が本気でわからない。
前身である闇芝居は日本のホラーを5分でやってるというあたりで、テンプレートに沿っていた。故にクオリティがイマイチであった。突出した部分がなく、どこかで聞いた話しか出ないからだ。
闇図鑑は日本という枠をやめて「世界」にして色々なUMAや怪奇に触れるのだが、どこの国だとかのディティールも無い。世界である必要性がかなり薄い。
確かに闇芝居もそういったディティールは無かったが、舞台が「日本」という限定的かつ馴染みのある国だから許されていた。世界と銘打ってるのだから現実感を持たせる為にディティールこそ凝るべきなのだ。

それこそ、「この地方にはクランプスという魔物が出る」と言い切ってしまっていいじゃないか。

舞台にピンとこない、化物の正体にもピンとこない、お話にもピンとこない。

こんな塩が2,3粒しか入ってないようなぼやけたスープを飲まされたって美味いわけがない!俺は味平じゃねーんだぞ!


とにかくの酷さ、是非体感して欲しい。5分溝間違い無し!


テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/04/14(金) 22:20:39|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近買った漫画 17/04/06

ここ最近買った漫画でっす
画像は拾ってくるのが面倒だからamazonのリンクになってるよ。
アフィじゃないよ?だってこのブログ出来てから220円しか儲かってないもん




喧嘩稼業8巻/木多康昭
そんなこと言ってたら現状画像表示されねぇ!
刊行ペースが遅い…おそすぎる…
前巻からの十兵衛戦ラスト~文さんスタートまで。
それより淫行ネタ系が復活した!復活した極楽の山本ネタが久々に見れて満足。



チェイサー1~4巻/コージィ城倉
ずっとスペリオールで読んでたんだけど、刊行ペースが遅くて最初の方忘れてたんで購入。
まとめて読むとこの漫画の特異性が出てきますね。
自分は人に勧める時「成人したアオイホノオ」って言ってたんですが、もっと良くわからない何かですね。
現実の事を誇大的に書いたりしているアオイホノオより、どこか一歩入っていってる。
ドキュメンタリー風なんだけど、架空の人物が主軸になってるってのは凄い。アオイホノオのようにモデルもいるかはわからない。
ただ、物語というかこの時間に感情移入してしまう。
恐ろしい漫画です。いや、すごいです。年1冊ぐらいなんで長く付き合う覚悟がいりますけど、面白いのでオススメ。



血まみれスケバンチェーンソー13巻/三家本礼
これで最終巻!?
すんごい飛ばした最終巻だったなぁと思いましたが、映画版のレビューの時も言いましたがB級映画モチーフっぽいのでこれでいいのか?
スッと終わった印象はありますがベストな終わり方だったのかも。
やはり因縁の二人がいなきゃ面白くないしね。
お疲れ様でした。



それでも街は廻っている16巻/石黒正数
何も言うことがねぇ…
ベストどころか完璧に終わった。TRICKとかあぶデカの劇場版ラスト並に綺麗に終わった。
この類の作品は何かしらモヤモヤして終わるかと思ったんですが大きなお世話。完全に杞憂。



悪魔のメムメムちゃん2巻/四谷啓太郎
2巻が案外早く出て驚いてる。
このメムメムちゃん回を追う毎に可愛いけど、駄目というより酷い奴になっていく。一言で言うなら「クズ」です。
1巻よりも2巻のエピソードがそう思えるんですけど、駄目駄目な能力以上に本人は極力努力をしたくない。察しが悪い。狡い。
でも可愛いし憎めないキャラ。
クズなのに「まったくこいつは」ってキャラじゃなくて「可愛い!…冷静になるとクズだなこいつ」というちょっと新しいキャラ。
個人的に今一番オススメの漫画かも。


テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/04/06(木) 22:05:57|
  2. 漫画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近観てるニコニコの動画

最近仕事中の待機時間が多いせいで、暇つぶしに困ってます。

スマホゲーにしても、グラブルは種粉尽きてきてやれることが周回しか無いハムスターじみてきたし、FGOはイベント無いとやることなさすぎるしドッカンバトルはつまらないし

かと言って映画を観る時間というと微妙で、突然仕事に移行するかもしれない。実はあんまり映画を中断したくなくて、家で観るときも一気に観れる!と分かった時しか観ません。
なんていうか、映画を途中で中断するとテンション下がっちゃって勿体無いんですよね。

そんな感じでやることがないので、なんとなくご先祖様(と祖父に聞かされていて実際はよく知らない)小田氏治について調べてました。
自分も先祖ということを聞かされた、というのと小田氏十五代という本を書くにあたってインタビューを受けたという事しか知りません。



こんな弱いのか…最弱とか言われてるし…
肯定的な意見もあるんですけど、どうにもマイナスイメージ。まぁ今の自分が金持ちでもなんでもないって考えたらそりゃそうか。
がっかりしながらご先祖様を調べる中で結構面白い動画を発見しました。



ニコニコ動画のいつかやる社長さんが投稿してる「5分で殿に教わる」シリーズ。
正直こういう動画ってあんま好きじゃないんで観ないんですけど、観てみたら良かったです。いわゆる掛け合い方式でテンポ良くて単純に面白いです。
何よりかなりわかりやすくしてあって、歴史オンチの自分からしても入れる。自分がどんぐらいオンチかというと関が原の戦いをよくわかってないですからね。
他にも世界の偉人、奇人等取り上げた動画もやっていてバリエーション豊富。正直詳しい歴史というより、ネットのまとめを音声で読み上げてくれてるようなレベルなんだけどそれが丁度いいです。
長くても10分以下なので中断できるしね。

残念なことにこちらはあらかた観終わってしまってまた暇つぶしを見つけないといけない。
皆どうやって暇をつぶしているんだ…


テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2017/04/05(水) 17:23:13|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イブラヒムおじさんとコーランの花たち(03/仏)

20160129_1659204.jpg


イブラヒムおじさんとコーランの花たち
仏 2003年 95分
監督  フランソワ・デュペイロン
出演 オマー・シャリフ
    イザベル・アジャーニ




たまには普通の映画でもオススメ、というか観たので感想書いておきます。
これも月イチで行う糞映画を観る会で観たんですが、これは一服の清涼剤的な役割で入ってました。



名前は知ってるけど、なんとなく観るタイプの映画じゃなくて観てませんでした。
だって、この予告お涙ちょうだいっぽいし、あとGAGAだし…

実際この映画はそんなに悪くなかった。というより普通に面白く感じた。GAGAなのに。
本編を観た上で、予告を全員で観たんですがそのうちの1人が「これは予告詐欺では?」という意見がありました。
僕はそこまでではないかな?と思います。予告やPVはあくまで1を10以上にするものであって、このイブラヒムおじさん~に関しては精々3を10にしてるぐらいじゃないかな。
これ関連で叩かれたベイマックスに関しては1を100にしてしまった感じはありますが、個人的にはそこまで責められるほどの誇大広告には感じない。だって兄弟の絆自体はあるし、そこがある程度のテーマに沿っているからだ。


前置き長くなりましたが、感想に入っていきます。

前置きで既に触れましたが、予告通りの映画。
ザックリ言うと「トルコ人であるイブラヒムおじさんがユダヤ人のモモ少年と交流して人生を知るお話」です。

…ザックリし過ぎました。

でも基本はこのラインの話で、まずこの少年のモモが女を買おうとしているところからスタートします。
明らかに子供ですが、お小遣いやらなんやらを貯め父親のYシャツを着込んで大人が言いそうなセリフを延々練習する。
ちょっと違いますが、日本の中学生がエロ本買うのに精一杯めかし込むみたいな可愛らしさ。というかおかしさ?

最初は全然相手にもされず、お前16歳じゃないじゃん等軽くあしらわれるだけ。ですが、そこはモモ美形なのでムチムチのお姉さんと一発ヤラセてもらいます(お金を払って)

o0330019511128580650.jpg




うらやましい!!!!


ココらへんは予告にあまりタッチしてない部分ですが、とにかく風俗狂いになっていくんですよ!
しかも出て来る女の人全員美人なうえに、なんていうか色っぽい。すごい失礼な言い方すれば全員良い商売女感出てるんですよ!
俺だって13歳から後腐れ無くパコパコしたかったよ…モモがイケメンだから出来た技な気もするけど。

モモがこうなってしまった原因として家庭環境がある、というか父親が暴力とか振るわないけどクソ野郎なんです。
あまりに息子に興味が無いというか、家政婦ぐらいの印象しか持ってないんじゃないか?
褒めることをせず、何かと別れた女房に着いていった兄とモモを比べたり誕生日も普通に忘れたり父親としてはダメダメ。
おまけに仕事もクビになり、最後は金だけ置いて息子を捨ててしまいます。
クズ野郎すぎる…

そんなモモの話し相手になっているのが、イブラヒムおじさん。近所にある商店のおじさん(見た目はおじいさんでCV東方不敗)なのだが、モモの内心を言い当てたり格言を言ったりだいぶがばいです
o0400026713744469191.jpg


がばいのがばくねーので言ったら相当がばいじいさんで、「幸せになればまず笑う事だ。」と諭してきたり、コーランに教えが全てあるとユダヤ人のモモにコーランをガンガン勧めてきます。
大丈夫?宗教戦争に発展しない?

ただ、このコーランからの教えを説いていくというよりもモモの悩みに対して引用するという形。なのでセーフです?

父親が蒸発&轢死したのでモモはイブラヒムおじさんに養子にしてよ!とせがむと二つ返事でオーケー。心が広すぎる。
そして、おじさんの故郷へと二人で旅に出る事になる。

o0280018513744444111.jpg


様々な国を経て(その描写はバッサリカット)遂におじさんの住んでいた村直前でおじさんは事故ってしまい、瀕死の重体。
最後に自分はこの人生に満足だった、モモと楽しい日々を過ごせたし、最期の瞬間を故郷で迎えることが出来た。あとコーランを読めと宣伝もしながら息を引き取りました。

ここらへんが予告の部分ですが、尺的には3分の1も無く確かに全面に押し出すには無理があるか?となるんですが、個人的にはここにたどり着くための土台作りであったんだなぁと感じました。
イブラヒムおじさんの養子になってからさらに深く宗教観、いうなれば死生観や人生観に触れたりする描写があってイブラヒムおじさんの死というものを経てモモに託すことが出来たんです。
確かにおじさんの死はお涙頂戴になってはいるんですが、ここに来るまでの土台がシッカリしていたので唐突感や泣くためだけって感じにはならない。


ラストはモモがあの通りの商店の店主になっておしまい。
これでもかというほどハッピーエンド。


総じて土台の期間が長いのが気になりますけど、モモとおじさんの交流は結構面白いし、エロいねーちゃんがいっぱい出てくるし観て損はしません。多分ね。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/04(火) 17:23:22|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。