まんが日本俺ばなし

主に自分視点で漫画レビューしていく。 最近はSHTも感想とか書くらしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レーザーチーム 俺たち史上最弱のエイリアン・バスターズ!(2015/アメリカ)

dvd11_b.jpg




レーザーチーム 俺たち史上最弱のエイリアン・バスターズ!
米 2015年 102分
監督  マット・ハラム
出演 バーニー・バーンズ








ヒーロー映画はもはやメジャージャンルですね(子供の頃本屋にアメコミがスポーンしかなかったおじさん)

今回はアメコミ原作ではないですが、アベンジャーズあたりから雨後の筍のように節操なく生まれ続けてる、ヒーローチームモノの映画の一つ「レーザーチーム 俺たち史上最弱のエイリアン・バスターズ!」をご紹介します。


この映画確かデビルズメタルの予告に入ってて気になってたんだけど、予告の中でも色々図抜けてて面白そうだった。
世の中予告だけが面白い映画なんてゴマンとあるのにね!

劇場公開されている作品なので公式ページが存在するのでストーリーを引用。


1977年に地球外知的生命体から地球の危機を知らせるメッセージ信号を受け取ったアメリカ政府。
それから38年後、おバカな4人組がUFOの墜落現場に遭遇する。UFOの中身は対エイリアンの侵攻に備えて開発された超ハイテク・バトルスーツだった。
4つ合わせて力を発揮するバトルスーツをそれぞれが別々に装着し脱げなくなってしまい、4人はチームとして最強のエイリアンと戦わざるをえなくなってしまう…
(公式HPより)



ようするにロックマンXの強化パーツを4人がバラバラにつけたって感じですね!


オープニングは人類に警告をしてきた宇宙人の言葉を信じて、警告した宇宙人が教えてくれた悪い宇宙人を倒すために訓練された青年から始まります。
イケメンで筋肉ムキムキ、頭も良くて愛国心もバッチリ。
(アメリカにとって)完全無欠とはこいつのことを言うんだ!ってキャラで、イメージ的にはまんまキャプテン・アメリカですね。
それを簡単に表すために、チェスをしているところに後ろから殴られ、それを捌いたと思ったらチェスの対戦相手が突然服を脱いで空手着を露わにして襲い掛かってくる。


馬鹿だこれ!


あらすじでも触れてますが、この完璧超人とは全く対象の4人が主人公。
左から

NewImage145.png



一番マトモに見えるが良い所が無い交通課のヘーガン!
すっとろくて飛び抜けて頭の悪いウッディ!
足が故障したアル中アメフト選手ヘルマン!
人の話を聞かない空気を読まないザック!




地球終っただろこれ…

この四人がそれぞれバトルスーツを着るんですけど、足が故障したヘルマンが高速移動出来るブーツを手に入れたり、頭が悪いウッディがヘルメットの力で天才になったりするのが分かりやすい。
スパイダーマンでメガネが必要なくなるアレに近い描写だと思うんですよ。分かりやすい身体改造表現としてアレは素晴らしかった。
分かりやすいんだけど、この映画節々に説明不足な部分が多くて。例えばヘルマンの足が悪いのも確かに描写されているんですが最序盤なので気を抜いている所なんですよね。
もう一言二言説明できる何かがあればと思うんですけど、察しの悪い方(自分筆頭)は巻き戻したくなるのでは。

中盤から終盤にかけては悪い宇宙人の妨害が入ったり、スーツを殺してでも奪い取る!となった軍と対立したり。
こう書くと見どころ多そうなんだけどね。強いて言えば脱走するシーンがフリントストーンみたいってぐらいですかね。

4人もラスト前にはチームワークを身に着け「レーザーチーム」が本当のヒーローチームになるわけです。
遂に悪い宇宙人と1対1(4人)の最終決戦を迎えるのですが、衝撃の事実が判明。
なんと、警告してバトルスーツを提供した良い宇宙人は、あらゆる星の宇宙人をトーナメント形式で戦わせて負けた方の星をぶっ壊していた元凶だった。
しかも態度からは悪びれる様子も無いので、コロッセオの剣闘士、下手すると切り株の上のカブトムシ程度の存在でしか無かった。

story02.jpg



目の前には対戦相手、観戦しているクソ宇宙人、そして作戦が失敗した時には核ミサイル爆撃。
もはや前に進むしか無いと悟った4人。
なんとか食い下がるが、そこは地力の差が凄まじく勝てない。

暗黒物質光線で勝つしか無い!
暗黒物質光線とは、ロックマンで言うチャージショットでバトルスーツの奥義なんですが、これがこの映画最大の駄目な点です。

これを撃ち合い交差すると小型のブラックホールができてしまい周りのものが吸い込まれてしまう。
周りには観戦している黒幕の宇宙人と母艦…

もうオチがわかると思うんですが、そのブラックホールに黒幕も対戦相手も母艦も吸い込まれる。
交差するとブラックホール出るとかの説明が劇中全く無いんですけど、黒幕が「撃つなー!」とか止めるんですよ。こっちとしては「えっ?標準装備の機能なのになんで????」と頭からはてなマークがドンドン出る。
この映画最大の失点と言っていい。
これさえ無ければ何も文句はなかったんですが…


正統派B級…って変な言葉ですけど、それ以外当てはめようが特に思い浮かばない。
ちなみに続編が作られるらしいので、映画好きとしてマウントを取りたいっていうクソみたいな思考の人にはオススメ
まぁ、暇つぶしにどうぞ



スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/02/21(火) 18:43:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。