まんが日本俺ばなし

主に自分視点で漫画レビューしていく。 最近はSHTも感想とか書くらしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メガマインド(2010/米)

メガマインド



メガマインド
米 2010年 96分
監督  トム・マクグラス
出演 ウィル・フェレル





今日はメガマインドについて。
この作品は2017年7月現在、日本国内では劇場公開はおろか、ソフト化もされていない。ドリームワークス作品の中でも飛び抜けて不遇な扱い。
観る方法としては「amazonプライムビデオ」や「hulu」あたりが妥当かと。ていうかそれ以外知らない!


【あらすじ】
悪の天才メガマインドは宿敵のスーパーヒーロー、メトロマンと戦いを繰り広げる日々を送っていた。しかし、ある日偶然メトロマンを倒して骨にしてしまう。生き甲斐を失ったメガマインドはメトロマンに代わるヒーローを作ろうとするが、手違いで凡庸なカメラマンのハルにヒーローの能力を与えてしまった。ハルは力を私利私欲のために使おうとする。メガマインドはメトロマンの恋人と言われていたテレビリポーターのロクサーヌと共に事態を収拾しようとする。
(wikipediaより引用)



なんでしょう、このあらすじの「毒にも薬にもならない」感満載な映画っぽさ。
実際はテーマも内容もしっかり作られている作品で、ソフト化していないのが悔やまれるレベルでした。



悪役であり主人公のメガマインドの出生はまんまスーパーマンのパロディで、まもなく崩壊する惑星から両親に発射されて地球へ来た赤ん坊がメガマインド。

違う点はヒーローであるメトロマンも同じ境遇という点。
というより、ヒーロー側のメトロマンがまんまスーパーマンです。

ふたりとも全く同じ境遇で地球に来たのですが、片方はヒーロー、片方はヴィランとして育ってしまう。その過程も描かれていますが、メトロマンは裕福な家庭に拾われ何不自由なく幼少期を過ごしたのに対し、メガマインドは刑務所に拾われ周りからは嫌われて育ちます。
そう、この二人「育ち」で正義と悪に分かれていくんです。しかも結構リアルというか、学校での話だからそういう経験がある人間には結構キツイです。
イジメってよりも、何をしてもクラスの人気者となるメトロマンと、良かれと思って失敗して日陰者になるメガマインド。
書いててキツイ・・・

この辺が性善説的な話につながっていくんですが、ここらへんは作品内でこのテーマ自体にちゃんと答えを出していて、メガマインドが自ら生み出してしまった「タイトン」を制止する為に動き、街を守り正義のヒーローになっていきます。
というよりメガマインドの生み出したタイトンがメガマインドの比にならないぐらい無秩序の悪い奴なんですよ。
平気で人を殺そうとするわ、街は破壊するわ銀行強盗はするわ・・・

それを「プロ意識がない!」と叱咤するメガマインドなんかもちょっと感動します。
メトロマンと敵ながらちゃんとした共依存ができていたんだな~ってのが前面に出ているセリフかと。


こんだけ重いテーマって言ってきたけど、実際はかなり気軽に観れます。
メガマインドの「悪事をはたらく為のガジェット」の汎用性がかなり高く、これが上手いことストーリーに絡んできたり、真っ向勝負では勝ち目のない勝負を上手く切り抜けたり見どころがやたらいっぱいある。
言うなればドラえもんのひみつ道具が、劇場版でこんな活躍すんの!?的な使い方が見れるんですよ、たった90分の映画なのに!
映像的に、というよりストーリー上でそういう見せ場がたくさんあって満足度が高い。


立場の違いやパロディ要素が入っているのでねじ曲がった映画っぽくなりそうなのに超正統派。
カンフー・パンダといいドリームワークスは捻くれた設定で正統派なものを作るのが上手い。
メガマインドはまさにその極地と断言してもいいです。パロディ的な笑いに逃げずにこれを作れるのが凄い上手い。


取り敢えずプライムビデオ入会していれば無料で観れるので、一旦観ることをオススメ。
難しい映画ではないですし、エンタメとしてかなり優秀。観終わったあとに前半で語った「生まれによって悪にも正義にもなる」っていうのについてを少し思い出せてもらえればラッキーぐらいで。


どうでもいいけど、タイトンになるハルってグリーンランタンからだよね?
名前もハル・スチュアートでジョンからもとってるし、こういう小ネタぐらいならニヤッとして良いよね。


スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2016/07/29(金) 19:46:12|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。