まんが日本俺ばなし

主に自分視点で漫画レビューしていく。 最近はSHTも感想とか書くらしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キン肉マンⅡ世について考えること ストーリー編




1年ぐらい前の続き記事です。
前回はこちら↓

キン肉マンⅡ世について考えること キャラクター編


前回では主にキャラクターとしてのダメな点を挙げていきました。
今回はストーリーやその構成のダメな点を挙げていこうと思います。

ここで勘違いしてもらっては困るのは、決して面白くないというわけではないという事です。
というより、キン肉マンで勘違いしてる人が多いと思うのでこの際なので色々自分の考えを書いていこうかなと。

キン肉マンの有名なミスや無茶苦茶な理論を嘲笑してる人がいるんですが、あれでいいんですよ
よく「あれがいい」という人がいますが、そうではなく「あれでいい」なんです。
無茶な理論やその場限りの設定で場を盛り上げて、それに生じた矛盾なんかを無視する。矛盾が出てもその矛盾を上回るぐらい盛り上げればいいっていう手法なんじゃないかと。
なので、下手に矛盾を減らそうとして話がつまらなくなるよりもその手法で盛り上げてくれる。だから「あれでいい」んですよ。
瞬発力と爆発力が持ち味とでも言ったらいいのかな。その点だけならゆでたまごは相当なものですよ。
そうそう右に出る者はいないといっていいでしょう。

今やっている新しいキン肉マンも当時と比べるとその力は見劣りしますが、かなりテンポがよく爆発力あります。
持ち味活かせてる感じします。

ではこの持ち味が二世ではどうだったのか、今回はそんな話です。


はぁ!?

・徹底された王道路線の排除
間違いなく原因の一つ。
キン肉マンが王道だったかはともかく、期待を裏切らない安心感は有りました。
タッグ編のマシンガンズで締めたりとかね。

二世は序盤からそういったケがちょっとあって、前回も書いたスカーフェイスの番狂わせなんかはこれに当てはまるでしょう。ですが、これは良い方向に働いた時の話。
というよりもこういった方向なら全然良いんですよ。ケビンマスクとの決勝戦なんかは誰もが「さすがに万太郎が最後に勝つだろう」と思っていたことでしょう。
ですが、実際には万太郎は最後の最後で未熟さを見せ敗北しました。
キン肉マンもカメハメやミキサー大帝に負けるという事はありましたが、このような長いシリーズの最後を負けで終わらすというのはキン肉マンにはありませんでした。
そういった意味では王道路線から外れた決着ともいえます。

で、これが悪い方向に働いたのがやっぱり究極タッグ編である。
これは前回の記事のラストでも触れていますが、タイムスリップで全盛期のレジェンド達と対面という「新旧アイドル超人対決」を期待していたのですが、トーナメントがいざ始まるとレジェンド側とニュージェネレーション側が対決する試合はほぼ皆無。
実質新旧対決をしたのはマッスルブラザーズヌーヴォー(万太郎と新キャラのカオスのタッグ)のみ。
なんでこうなったんだ…

皆が期待していたのはやっぱりブロッケン対ジェイドの師弟対決や、ロビン対ネプチューンマンの因縁対決とかだったと思うんだよね。
ベタベタでもやっぱやってほしい対決ってのはあるもんですよ。
それに新旧対決ただすりゃ良いってもんでもなくて、キン肉マンと万太郎の親子対決もやったはやったけど、内容は目も当てられない酷い内容でした。
素直に万太郎&キッドのニュージェネレーションマシンガンズでも結成させて親子タッグ対決とかでもよかったよなぁ。
むしろそういう伏線もあったし、キッド活躍も作れたのではないだろうか。


はやくどけよその試合!

・一試合がとにかく長くテンポが悪い
次はおそらくこれでしょうね。
二世全体の問題なんですけど、とにかくどの試合も長いんですよ。
長いなぁと感じるようになったのは悪魔の種子編から。
このシリーズは七人の悪魔超人のセルフパロで、内容もかなり似通っています。
悪魔の種子編はミートくんがピンチに陥り、今まで敵だった超人が万太郎を助けに来るという熱い展開がとても良い。(出来はイマイチでしたが)
話の主導権は基本的に助けに来たこいつらになるんですが、言うなればサブもいいところのキャラ達。
確かに展開的には熱いんですが、単行本一冊分闘ったりされてもなぁ~という感じ。
要所要所で一冊分ならいいんですけど、ほとんどの戦いを丸々一冊使うのは流石にだるい。
まして万太郎と関わりが深く前のシリーズでも人気のあったハンゾウや、初期から人気のあるケビン&スカーならまだしもバリアフリーマンやイリューヒンの戦いなんてガッツリ観たいか!?

ここでまた勘違いされそうなんですが、観たいは観たいんですよ。キン肉マンにおけるサブの対決って面白い話が多いから。
ただやっぱりメリハリが欲しいっていうのかな。観客側のリアクションや回想でズルズル一冊分やるのは正直だるいんですよ。結果として余分なパートが少ないのに7冊もあるんですよねこのシリーズ。
オリンピック編に並ぶ長さ。長い!長いよ!

そしてこれ以上に長いのが、ここまで読んでくれていれば分かるとは思いますが『究極の超人タッグ編』
28巻全て究極タッグ編と言えばわかりますかね。このバカげた冊数の多さ。
入場だけで4、5週使ったあたりでもはや悪い予感はしていました。そこから長い試合では半年近くかかるような、イメージとしてはただ長いというだけの試合が延々続く。
ただ長いというよりも、「この試合半分ぐらいの短さなら…」ってぐらい話は面白いけど尺の使い方で台無しっていうのが多すぎ!
短い試合でも二ヶ月弱が普通というのはもはや丁寧にやっているという問題では無い。



やっぱりというか、究極の超人タッグ編は丁寧にやろうとして途中から迷走したっていう感じでしたね。
とりあえずキン肉マン2世に関しては言いたいことは大体言えたので個人的には満足です。

良く出来たキン肉マンと言う作品の、出来の悪い息子という意味では題材含めて凄い残念に聞こえます。
前編にも書きましたが、全てが失敗と言うわけではない。
この2世があったからこその、今連載中のキン肉マンがある気がする。
初代と2世の良い所取りの手法が多くて、今脂がのりにのった状態になっているのは間違いなく2世があったからだと僕は思うんです。

そう言った意味でも忘れ去られないであってほしいなぁというのが本心です。


スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/03/23(月) 17:41:03|
  2. 漫画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デス・レース2000年(1975/米) 感想

先週のアレな映画会で見た作品その2

デス・レース2000


デス・レース2000年
米 1975年 84分
監督 ポール・バーテル
出演 デビッド・キャラダイン



アレな映画としては大分有名作でしたが、初見の方が多くて大ウケしてました

内容は本当に語る事が少ない程シンプルです。人を轢き殺すとポイントになる悪趣味なチキチキマシン猛レース
それ以上の内容は本当に無いです。
でも、これが超面白いんですよ。それを支えてるのが個性的なキャラクター達。

デスレースで昨年優勝し、アメリカの英雄であるフランケンシュタイン。

フランケンシュタイン


全身黒レザーに黒マントという、スターウォーズ見た事ない奴が描いたダースベーダー像みたいな奴が主人公。
でもやたら頭のキレが良かったり、立ち回りやセリフがカッコいい。
主演のキャラダインが演じてるんですが、キルビルのビルって方が分かりやすいと思いますが普通のおじさん。
おじさんなのにやたらめったらカッコいいんですよ。ダッセー黒レザー黒マントの癖に!

この独裁アメリカ猛レースに出場する他のメンバーもどうかしてる奴らだらけなんですが、(ネオナチスの金髪美女とか)その中でもやっぱ目を引くのはシルベスター・スタローン演じるマシンガンジョー。

マシンガンジョー


というかスタローンが画面に出てくるだけで意識持って行かれるのは、もはや教育されていますな。
役どころとしては万年二位のアウトローって感じで、スタローンに合うんだこれがまた。
フランケンシュタインの相棒をレース外で殺そうとする、非道というか街のごろつきみたいな役どころ。性格もすぐに頭に血が上るような奴で、フランケンシュタインファンを見つけたら追い掛け回して轢き殺すような奴ですよ。

これ以外にもやたら濃いキャラが多い。多すぎて紹介するのもめんどくさい。
後はレポーターがメインじゃないのにラストといい面白キャラでしたね。


話の内容は前述したとおり「面白轢き殺しレース」以外は本当にどうでも良い。
とってつけたようなレジスタンスと独裁国家と化したアメリカの、レースを中断させまいという争いが挟まるけどこれは別に真面目に政治批判で入れたわけじゃないでしょう。多分。
まぁ、正直そんなものはサブイベントに過ぎず車の轢き殺しが面白いという最低なのが本筋。
このブログでも何回か言ってるとは思いますが「面白い殺人者には面白い殺人をさせるべき」が完璧になされているおバカ映画でした。
カルト映画の有名作になるわけだ。

ただ、人対人のアクションはスピード感無い。
フランケンシュタインVSマシンガンジョーは本当に眠くなるぐらい退屈。
しかも、マシンガンジョーはボッコボコにされちゃうし。
アウトローなのに喧嘩下手って…かっこわるいにも程がある。



どうしたロッキー!
ロッキーの名言だね


テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2015/03/20(金) 18:14:36|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アダムとイヴVS食人族(1983/米・伊) 感想

知り合いの間でちょいとアレな映画を観る会というのがあって、参加してきました。
その中の1本がこれ。



アダムとイヴVS食人族
米/伊 1983年 75分
監督 エンツォ・ドリア/ルイジ・ルッソ
出演 マーク・グレゴリー



タイトルだけでとんでもなさが伝わってきて凄いですね。
というか、多少でも聖書の内容をざっくりでも知っていれば食人族にどうたどり着くのか想像すらできないですよね。


恐る恐る見てみたんですが、ツッコミどころこそあれどかなり頑張っている印象がありました。
元々低予算の映画なのかビデオスルーのTVSP的な立ち位置なのかイマイチわかりませんが、やたら資料映像が使われてるんですよね。

OPの天地創造から資料映像のオンパレード。
大昔の低予算映画にありがちな事なんですけど、83年制作でもこれでもか!というぐらい資料映像で派手なシーンをごまかしていきます。
じゃあ予算はどこに使ってるんだっていうと、物凄い絶景のロケーションの数々
最初の楽園もそうですが、楽園が追放になってからのロケーションはかなり見応えありますよ。それだけでも個人的にはおススメ。

肝心の食人族はどうした!っていうかお話はどうしたっていう感じなんで仕方なくしていこうと思います。


アダムが土からグロテスクに生まれて、アダムの肋骨から産まれる筈のイヴは何故かアダムの作った土人形から生を受けます。
ただ、ツッコミどころで言えばそこぐらいでかなり丁寧にアダムとイヴをやっています。
それはもう眠くなるほどに

蛇にそそのかされ、リンゴを食べてしまい楽園追放…というか楽園崩壊ですね。
突然の嵐と火山噴火で楽園が焼野原になります。

そこから始まるアダムとイヴの痴話喧嘩放浪記
アダムは楽園追放されたことをいつまでも根に持ち、イヴはそんなアダムにプリプリ怒ってはどっかに行ってピンチになるというのがこの映画のメインストーリーです。


後はウガウガな原始人が三種族出てきて、その三種族のうち体に植物の汁を体に塗りたくってる種族のグリーンマンとイヴがエッチしたりと、とんでもな展開が繰り広げられています。
楽園のパートをやたら丁寧に作ってる分、逆に罰当たりですよね。


食人族が出てくるのはこの映画のほんの5分程度で、しかもバトルするというよりも、何とか逃げ出すので精いっぱい。
タイトルに偽り有り!なんですが、じゃあ他にどんなタイトルつけりゃいいんだっていうと、ほかに思いつかないんでこれでいいのかもしれない。

正直内容があって無いようなもので、新説アダムとイヴ!って感じだとは思う。
ようするに人類はサルから進化したウガウガの野蛮人側と、神によって作られたアダムとイヴの側があってウガウガは人も食っちまうような種族がいますよ~っていうような話だ。
それ以外は最初に言った通り痴話喧嘩放浪記で、最後にやっと落ち着ける場所と仲間を見つけてイヴが子供を産んで終わり。


最初に言った通り、僕は頑張ってると思うしそこまでダメダメな映画とも思わない。面白いシーンも多いしね。
熊との格闘とか、怪鳥に襲われる所とか。ま、主に何かに襲われてる時はこの映画面白いです。

カット割りが非常に多くてテンポがやたら速くて、序盤の楽園パートさえ除けば退屈なシーンは無いです。
でもまぁ、二度と見ないとは思いますw


後、調べてみたらアダムはサンダーシリーズ(ランボーのパクリ映画)のサンダーなんですね。
言われてみたらって感じでしたが他人に言うほどでも無いかもね!


テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2015/03/15(日) 21:36:37|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

機動戦士ガンダムサンダーボルト 5巻/太田垣 康男 感想




サンダーボルトも遂に5巻ですね。
この巻からは表紙にも載っている、本作完全オリジナルのガンダムであるアトラスガンダムの戦闘が読めます。
他のMSもかなりアレンジされてますけどね。0からのデザインはアトラスガンダムが初じゃないでしょうか。

このブログで言ったことないかもしれないけど、太田垣先生ってあの♡マークが苦手なんですよね。
まぁそれ以外は好きなんですけど。

♡マーク事情で言えば、サンダーボルト1、2巻は♡だらけでしたが3巻以降はシリアスって事でほぼ無くなりましたけど。


5巻の見どころはアトラスガンダムも良いんですけど、やっぱダリルのアッガイVS南洋同盟が燃えますね。
新型のガンダムを乗機にし軽々と任務をこなす英雄としてのイオとは対照的に、敗戦後の劣悪な環境やサイコザクに搭乗する為に両腕を義手の為上手く操縦できないが辛くも勝利するダリル。
やっぱ厳しい状況下の方に肩入れしたくなりますね。

というかあのフリージーヤードの使い方とか最高にカッコいいですよね。
単純なMSの戦闘っていうんじゃなくて、優れた直観力と思考の柔軟さが見えるあたりニュータイプなのかも…って思わせますね。
サンダーボルトではニュータイプが明確に表現されてないからニュータイプって存在自体忘れかけてました。
サイコザクも科学的な感じを出していて、ニュータイプのオカルト的な要素薄いですからね。


あ、あと特攻する二人のコムサイでの会話も良かったですよね。
ああいう漫画っぽくない話描かせたら再興ですね本当に。


南洋同盟もトップが判明して、ここから本格的に三つ巴に発展していきそう。
次巻がいつなのかわからないけど、4巻と5巻の間そこまで空いてないし隔号掲載じゃなくなったっぽいからドンドン刊行してほしい。
今のガンダム漫画の中ではこれと超級だけが楽しみです。


テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/03/06(金) 15:33:15|
  2. 漫画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近ゲームに疎くなった

もうタイトルの通りなんですけど。

元々凄いゲームやる方じゃなかったんですけど、やっぱ現代っ子の嗜みとして最新ゲームの情報はバンバン入れてたんですよ。
ゲーセンよりも家でコツコツやってる方なんで、ファミ通で情報を仕入れているような中高時代。
大学生にもなるとインターネッツから仕入れていたわけですが、最近はとんと情報を追わなくなりましたね。

大きな原因は間違いなく忙しくなったっていう事ですね。
睡眠時間を削れば出来るとか言えるのは、会社通いの社会人なら25歳までだなってつくづく痛感する28歳児ですよ。
寝ても体力が100%に回復しないなんて、日常茶飯事過ぎてダメですね。
かといって寝すぎるとダメージ負うし…
体っておっさんになればなるほど繊細!


なんか愚痴っぽくなりましたけど、後もう一つってツイッターやりだしたのも一つの原因じゃないかなって。
別にツイッターが悪いわけじゃないです。
あそこの利点って暇つぶしが大部分なんですけど、ほっといても情報が流れてくるのが主じゃないですか。
だからそこで知って追いかけたりするのやめちゃうんですよね。
完璧なる怠惰の極みですね。

そこで最近ツイッターで流れてきて知ったんですけど


ポポロクロイス牧場物語
http://www.marv.jp/special/game/3ds/popoboku/


こんなの出るなんて…
教えろよ!

自分はポポロクロイスはポポローグから入ったんです。
これには言い訳させてほしいんですよ。
そもそもポポロクロイス物語が発売した時点ではプレステを持ってないんです。
僕がプレステ山に入山したきっかけはロックマンX4で、クリスマスに買ってもらったからでそれまではニンテンドーラブな小学生だったんで。

ポポローグを買ったのもポポロ2が出たあたりでCM見て知ったぐらいなんで2000年ぐらい?
当時中学生ですよ。
毎月お小遣いを貰ってたんですがこれが3000円。
ゲームはしたい。でも1本6000円ぐらいする…
この3000円をやりくりするにはどうするか。

ゲーム屋のワゴン!


ポポロクロイス自体はまだ1980円ぐらいしているので、月3000円の中から出すには巨額。
ポポローグはワゴンの常連で、結構気になってたんですが遂に980円になったんで買ってみたんですが、まぁこれが面白いのなんの。
980円って嘘なんじゃねーの?ってぐらい面白くてね。
そこからポポロクロイスシリーズをチマチマ買っていったわけなんですが、これ何の話だったっけ。


今、僕はアーカイブでポポロクロイスやってるんですがこんな難しかったっけ?
っぐらい死にまくってます。
忘れているのか、下手になっているのかわかりませんが、ここでも老いを感じています。
  1. 2015/03/02(月) 19:51:31|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。