まんが日本俺ばなし

主に自分視点で漫画レビューしていく。 最近はSHTも感想とか書くらしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロックマンXシリーズについて

久々に懐古ネタでもつらつらと書いていこうと思います。

今回は「ロックマンX」シリーズという事で、なんとなく昨日知り合いと話してたからってだけなんですけど。

このロックマンXというゲームは自分の年齢より上ならロックマン世代な事が多いし、下ならエグゼ世代な事が多いし。
分かり合える人って世代換算した時に狭いと思うんですよ。

上の世代はファミコン世代で、無印のロックマンをやっている事が多い。
逆に下の世代は、GBAが出たという事もあってエグゼをやっていることの方が多い。
じゃあ丁度自分の世代はと言うと、小学校入るか入らないかの時にロックマンXが発売している。

また前年度にストリートファイターⅡの移植なんかもあったせいか、周りではとにかくスーファミを買ってもらうことに必死。
勿論自分もストリートファイターを買ってもらいましたよ。何故か邪鬼破壊(じゃきくらっしゅ)も買ってもらったんだけど、親は何を思って買ってくれたんでしょうね。

ちょっと横道をダンプで突っ切っちゃいましたけど、とにかく僕の世代はファミコンはもはや過去の遺物であり、スーファミこそ「ゲーム機」なんですよ。
ロックマンXと出会うのはX1ではなくX2。それまではマリオコレクションを延々と遊んでました。
今と違ってソフト自体が一万円近くしてたせいもあってあんまりソフトを買ってもらえなかったし。
X2は友達の家で遊んで、即興奮、即貸してもらいました。

なんてったってカッコいい!まずはこの一点。
バランスが絶妙で(小学生の腕前ではだけど)ギリギリの所をクリアする感じもハマった要員の一つ。
当時はマリオコレクションみたいにストーリーラインの薄いアクションゲームをやっていた事もあって、ロックマンX2のようなストーリーがあるアクションって自分から見たら異色だった。
実際は珍しくもないんだけど、これは巡り合わせでしょうね。

そこからロックマンX3を買ってもらい、PSと一緒にX4を買ってもらう。
ロックマンX中心のゲーム生活と言っても過言ではなかったですね。

個人的に面白かったのはX4まで。いや、X4もPS初作品補正が入ってるせいだけで凄い面白いかと言われるとだんまりになってしまう。
X4は当時PSのゲームで出始めていた、ゲーム内アニメーションやOPなんかを取り入れて、より現代向けにした作品だった。このままでいけば良かったんですが、予算が無くなったのかアニメの排除に目新しさが無いままX6までひっぱりX7があんな感じ。
良作のX8が出るも時既に遅し…

じゃあ何が面白いの?って話になったら、迷いに迷ってX2かな。
X2はやっぱりバランスが絶妙。小ネタも多くて面白いんですよ。勿論こういうゲームの宿命として、覚えられるとスルスルクリアできるっていうのは目をつぶるとしても。
ライフアップが1機残機を減らすか減らさないかの方法で取れたり、ボスに特定の特殊技当てると色々起きたりね。
カタツムリの敵でマイマインって奴がいるんだけど、そいつの殻が取れたりとかね。
多彩な動きを見せてくれるボスにも心惹かれますよ。

それに比べてX3はよく言われてはいるんですけど、ステージが面白み薄くボスのパターンがワンパターンで単純にゲームの出来としては悪い。
VAVA復活なんてのもあったけど、中ボスも中ボス。ナイトメアポリスの方がデザイン的に派手な分まだ目立っていた。

もう一つの魅力としてはX2含んでそれ以前はBGMの良さがとても良いんですよ。





特にX1のオープニングステージが好きでしたね。
SFCってさりげなくカッコいい曲多いから好きなんですけどね。ドンキーコングのキングクルール戦は最初のんきしてたのに滅茶苦茶カッコよくなってくのは鳥肌モンでしたね。

X2はBGM個人的にはそこそこ好きってのもあるんですけど、X2自体の演出がかなり良いのも合わさって相乗効果でドン!って感じなのが得点高いですね。


その後はBGM良作なのもあるけど、クソゲーを連発して衰退していった印象。
カプコンはやっぱり継続力が無いというか、シリーズを継続させる力が無いのがロックマンシリーズの不幸だね。
ドン判金ドブじゃないけど、本当にそう思う。


スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/12/11(木) 21:21:28|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。