まんが日本俺ばなし

主に自分視点で漫画レビューしていく。 最近はSHTも感想とか書くらしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スパロボやってます 他色々

スーパーロボット大戦Fスーパーロボット大戦F
(1998/12/10)
PlayStation

商品詳細を見る


PS3とPSPのアーカイブでスーパーロボット大戦Fがついにきたので最近やってます。

今ソラと大地のケモノだからいよいよ後半戦ってとこですね。
で、スパロボFやってて思うのは「ここ最近スパロボで驚いた事ないな」っていう点。

特にスパロボFはウィンキー最後の作品で、α以降と全然違う。
α以降は原作再現なり、映像に力を入れた形。ゲームというよりは好きな作品(見た事ある作品)を反芻しつつ新作カットのアニメ(戦闘シーン)を楽しむゲームになったという事。
これはこれで好きな人にとってはたまらないし、俺も戦闘シーンは楽しみにしてる。

でも、それはあくまで「力はいってるなぁ」って感じで驚きは無い。
Fが発売された時は驚いた。敵味方に声が入ってて当時としてはめちゃくちゃ画像が綺麗だった。
αはFまで3年待ったせいか、期待度が高まりすぎたせいもあって狂喜乱舞とまではいかなかった。
不評だったらしい原作のアニメまんま流れたりするのも消えたしね。
αのムービーは特にいいもんでもなかった。
戦闘シーン自体はさらに進化しててよかったけどね。

αが個人的に気に入らない点は操作性の悪さ。
というかサクサク感がない。MAPで自軍ユニットを動かすだけで日が暮れるっつーの!ってぐらい遅い。
この作品から今までの顔アイコンが縦横無尽に走り回るタイプから、3Dのロボがノソノソ移動するタイプになった。
この3DのMAPが個人的に見づらくて仕方なかった。
建物に敵は隠れる、色識別じゃなくなったからわかりづらい、前述の通り移動が遅い。
この時点で「なんか違うなぁ」ってのはあった。
でも、当時はまだビデオを大量に借りれなかったし、単純にロボットアニメを見ていたのが少なかったから新鮮だった。学校から帰ってはαやってたぐらい。

α発売から1年後ぐらいに外伝が出た。
これはもう驚いた。当時はもうゲームとして珍しくなかったけど主題歌がついて、ごちゃまぜ満載ムービー(愚者の祭典、重力波のムービー等)、色々売買できるショップ、なおかつスパロボとしては珍しい展開が多かった。
バグこそ多いもののα以上にハマった。

正直、外伝以降で驚いたものってのはあんまりないな。
OGが出るって聞いた時は嘘つけ!と思った。内容に関しては驚く点はなかった。

それからスパロボの為に色々ゲーム機も買ったりしたけど、満足こそすれどなんか満たされない部分があった。
それは多分、Fまでのスパロボと決定的にゲーム性が違うとかじゃなく、想像していたものとは別の進化を遂げたという点。
Fまでの「全ての参戦作品がスパロボ世界のゲストキャラクター」といった雰囲気から、「スパロボ世界の住人」に変わったという点。
これに関しては伝わるか怪しいけど、最近思ったのはこんな感じ。
ウィンキー作品はスパロボ内に溶け込んでいるけど、あくまでキャラクターを借りてきたといった感じ。似て非なるキャラクターっていうんだろうか。
あくまで「スパロボ」っていうでっかい世界の中の一つの小さい要素なんだよ全員。
α以降は全員がメインであり、キャラクター有り気の世界とでも言ったらいいかな。
前者はでかい箱庭で、後者はジグソーパズルっていう感じ。
少し違うけど、大体そんなイメージ。

全員が強いとか、ゲームバランス云々はどうでもいい。
大きい箱庭の中でキャラクターを動かしたいっていうのが多分心のどこかにあった。
だから、話自体はほとんどオリジナルでいいし、原作再現なんかも必要ない。
ましてやインターミッションや戦闘前に大量に話してるなんてのは勘弁してほしい。
ゲーム的にも2周目以降は全飛ばししたくなるぐらい原作をそりつつ、言いそうな事を言わせてるだけだもの。
原作を見てればそんなのいらないに等しい。行間をわざわざこじ開けてとってつけてるだけだ。

まぁ、最近というかスパロボプレイヤーの中で「いるだけ参戦」や「会話に登場しない」っていうのがダメっていう風潮があるからなぁ。
そういうのは脳内で補完しろっつー話なんだけど、もうやっちゃったからには次からやらないわけにもいかないだろうし。

Fぐらいが個人的にいい塩梅なんだよね。
IMゆっくり読んでも5分ぐらいで、たまにDVEが入って、戦闘も最終局面とかで特定の奴と闘うとDVEが発生する。
Fは頭がいいやつ(というかアムロ、ブライト)が基本ストーリーの難しいところ担当してたのもあって、サクサク進む。その後にちょっとしたサイドストーリーじゃないがどうでもいい話が少し入るぐらい。

こんぐらいが妄想をかきたてられて丁度いい。
焼肉食べ放題(α以降)VS凄い良い匂い(ウィンキー)
どっちがいいとかないけど、暇ならウィンキー作品なんだよ確実に。
暇なときにステージああすればもっと早いな、こういうやりとりがあったんだろうなぁ。とか考えられる。

大分脱線したけど、進んで欲しかった方向性は多分それだった。


じゃあ今のスパロボに不満があるかって言われたら「よく頑張ってらっしゃる」としか言えない。
不満はない。けど、別の方向性もあったなぁっていう。ないものねだりに近い。
強いて言えば映像進化はしたけど、ゲーム性は古いまんま。シャーシとエンジンは同じで外装が違う。
新しい事にチャレンジしても、それ5年以上前に別のところが失敗してますよ。っていうのだったりする。

衰退にはきてないけど、安定期に入ってしまったのがスパロボの残念なところですね。
もっとファンに気を遣わなくていいよ。っていう感じがする。
多分、気は使った方がいいんだけどね。


スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2011/11/21(月) 20:38:17|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スーパーエレガント 感想

スーパーエレガント (電撃コミックス EX 156-1)スーパーエレガント (電撃コミックス EX 156-1)
(2011/08/27)
大川 ぶくぶ

商品詳細を見る



4コマ漫画の説明とか感想ってクソ難しいよね。
そもそも4コマ漫画を読まない方なので(現行ではプ~ねこぐらい?あれも4コマか怪しい)より難しい。

今回は珍しく4コマ?漫画を買ってきた。
構成としては4コマ+1ページになってるギャグ漫画。
近年よく言われるのは「4コマという名のゆるい萌え漫画」が増えてるっていう点。これはまぁほぼ同意だけど、否定まではしない。
そういう需要があるならあってもいい。ただでさえ漫画が多い時代なんだし。
でも、き○らは基本クソみたいな漫画を量産しては作家を捨て(ry

今回のスーパーエレガントは知ってる人は知ってると思うんですが、あれです「フミンバイン」の人です。
はい、相変わらず作家名を覚えない僕です。

知ってる人なら話は早いです。
「いつものフミンバインだよ」

カフェにて


これで伝わるでしょう。そんぐらい特徴的というか、早い話クソ面白いです。
何から何までツボにハマる。
描き文字、ポーズ、台詞、絵、1コマへの凝縮度
どれをとっても良い。
あ、絵は上手いとかではない。なんかとにかく良い。

KAWAII.jpg

内容でいえば、学園ギャグなのかな。とにかく主人公がゲスだったり、理不尽な展開、珍妙な展開が凄い勢いで出てくる。
馬鹿っぽいからあんまり使いたくないけど「シュール」な漫画。
だから説明のしようがない。本当に1コマ1コマでくるものがある。


1ページ漫画の方は1ページなのに凄い。
何が凄いって、脳に入ってくる情報は凄いよ。
一見雑に見えるけど、拾えるところが凄い多い。単に書き込んでるとかそういうんじゃない。
これも見ればわかるとしか言えないな。

この2コマだけでこの情報量の多さよ

まぁ、そんな意識持ちながら漫画は読まなくていいんだけどね。
頭空っぽの方が夢つめこめる状態で読んだ方が得。
色々疲れきってナチュラルハイった時とか読んで欲しい。
漫画をビリビリに破くか窒息死すること必至。







あと、これは関係ないんだけど電撃コミックEXってこんな紙質悪かったっけ?
河原に捨てられてる古新聞かと思った。

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/11/19(土) 00:15:25|
  2. 漫画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

隠慎一郎の電気的青春 感想

隠慎一郎の電気的青春 (KCx(ITAN))隠慎一郎の電気的青春 (KCx(ITAN))
(2011/11/07)
ツナミノ ユウ

商品詳細を見る


かなり好きな作家さんの新作なので粛々と感想を書きたいと思います。
というより、前回の記事から1週間以上経っているので書き方がうろ覚えなだけなんですけどね。
なんで、粛々というか手探りでやっていきます。

注目されると体から電気が出る能力を持つ隠慎一郎が目立たないように学園を過ごす。
という内容なんですが、彼が目立たないように行動を起こせば起こすほど学校の皆は遠巻きに注目する羽目に。

こういった足掻けば足掻くほど悪い方向に行くというのはツナミノユウさんの漫画の一つのコンセプトなんです。
前作のシュメール星人もピタゴラスイッチ的に不幸が重なり苦難の日々を送りながら頑張る作品でした。
今作の大きな違いは二つ。


・かまってほしくない
というのがまず一つです。別に前作がかまってちゃんなわけじゃないです。
シュメール星人はあくまで親善大使でありながら、交流をしていこう、善意からやったことが裏目に回る。なんて事が多かったです。
今回は決して悪ではないにしろ、自分が目立たないのが第一なんでよ。
でも、あくまで善い人なので頼まれたことは断れない。自分のせいで不幸になったら影から謝罪する。
そのような姿勢も最初からあるので、この作品内で心境の変化が現れるのも楽しみの一つです。

善い人なんですよ?



・積極的に笑える
いや、前作も相当好きだったんですけどね。
前作に少し触れましたが「ピタゴラスイッチのように不幸になる」っていうのが前作だったんです。
なので、なんていうんでしょう。不幸すぎて逆に笑えてくるという作品でした。
今回は笑い要素が増えたというか、微笑ましい部分が増えたとでも言うんですかね。
かなり意欲的に笑える要素が取り入れてきてます。
特にお気に入りは隠慎一郎を追ってきた環境(たまさか)との絡みですかね。
ライバルっぽいというか、一方的なストーカーというか。
ホモ疑惑まで出るレベル。

ちょっと島本漫画っぽい



最終話はなんともツナミノさんらしい、タイトルにも丁度いい最後でした。
表紙のサイケな感じといい、本の装丁から内容までお気に入りの一冊です。

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/11/16(水) 19:52:22|
  2. 漫画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ST&RS 1巻感想

ST&RS─スターズ─ 1 (ジャンプコミックス)ST&RS─スターズ─ 1 (ジャンプコミックス)
(2011/11/04)
ミヨカワ 将

商品詳細を見る



今回は週刊少年ジャンプで連載中の「スターズ」の1巻を紹介していくよ。

実は1話出た時に凄い期待してたんですよ。
珍しい宇宙モノ(ジャンプではね)、非バトルモノ、絵が好み
さらに、1話の時点で「数年後火星に宇宙人がくる」「まだ公開されてない宇宙人からのメッセージ」等この後の展開に期待が持てそうな感じだったんです。

ギャグ抜きで非バトルモノってジャンプじゃほとんどないですからね。
バクマンも成長して連載持ってからは作家同士の戦うバトルモノですからね。
そう言った意味では今のジャンプ内では強味になれる。

宇宙飛行士を目指すために色々やっていき成長していく物語なのかなー楽しみだなーなんて思ってたんですが。

この思いは見事粉々に打ち砕かれる事になります。

2話以降ほとんどすべての回が宇宙飛行士の学校へ入るためにひたすら試験だったなんて…
いや、試験自体は悪くない。悪いとしたら緩急の無い話作り。
試験始まる→試験終わる→新しい試験→試験終わる
ほぼこのエンドレスなんだよね。

話のテンポ自体はよく感じるんだけど、全てのコマに何かを書き込みすぎてて読んでて疲れる。
書き込みっていうか、無駄ゴマがない。なんていうか全部のコマに台詞ついてるみたいな。
テンポ自体は速いんだけど、キッチリ読もうとすると1話で2.5話分ぐらいの情報量が流れ込んでくる。

言うなれば「丁寧に書きすぎ」
省くところは省いた方がいいなっていう漫画の典型かも。
もっとでかいコマとか見開きでハッタリきかした方がいい気がする。

設定でいえば、俺自信の意見と言うわけではないんだけど。
知人が「また主人公無双漫画だった」っていうのがあった。
正直それもある。成長話を期待してた節があったので、主人公に対する不満点っていうのはいくつかある。

「どこか抜けてるけど、一つの分野で天才」
まぁ、宇宙飛行士目指すぐらいだし、何か能力があるっていうのは良い。
でも、ほとんどの試験が主人公の天才肌でなんとかなってるんだよ!

友情、努力、勝利どころか天才、勝利だよ!

これで原作付きなのがさらに驚愕したんだけど。

熱くなりすぎた。

あ、肝心の1巻内容ですね。
主人公の真帆が宇宙飛行士目指すんだけど、自分の学校の事を全然わかってなかったり、資料請求忘れたり。
なんだか、ザ・日本の子供って感じが凄いですね。
見どころとしては、めぐるのピチピチスーツ

前述したとおり、ギューギューに詰め込んである漫画なんで、どこを読んでくれ!っていうのが提示しづらいのも残念な点なんだよなぁ。


こんなんですが、スターズは応援してます。
ジャンプ購読層では打ち切り濃厚なんて言われていますけどね。
そのせいかスターズって検索すると「スターズ 打ち切り」とか出ちゃうし。
本当にお前らは厳しいな…

とにかく、頑張れスターズ!

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/11/08(火) 15:06:06|
  2. 漫画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漫画買ったリスト

昨日書いてから確認したらまだまだあったよ買った奴。
うん、確認してから書くよ!

以下のやつもそのうち詳しく書きたい。


超級! 機動武闘伝Gガンダム (6) (角川コミックス・エース 16-13)超級! 機動武闘伝Gガンダム (6) (角川コミックス・エース 16-13)
(2011/09/22)
島本 和彦

商品詳細を見る


ブログ再開のきっかけになった(それでも間は空いてたけど)超級もついに6巻。
でも月刊誌とは思えないスピードなので来月には7巻出るよ。
この巻ではじめてスーパーモードのまともな戦闘が見れた!
いやはや、スーパーモードカッコいいなぁ。
ドラゴンガンダムもカッコよかったけどね。特に後半の動きは良かった。
サイサイシーはTVより子供チックな印象だったけど、そんなことなくなったな。
7巻からは雑誌見てないからより楽しみ。


アイドルマスター2Colorful Days 1 (電撃コミックス)アイドルマスター2Colorful Days 1 (電撃コミックス)
(2011/10/27)
バンダイナムコゲームス

商品詳細を見る


言えない…
3000円買うと特典がつくから埋め合わせで買ったなんて…
中身はギャグ漫画だったよ。話は、ありそうだけどどうでもいい系かな。
好みにもよるけど、俺は嫌いじゃない。でも次を買うかはどうだろう。
でも、ゲームのコミカライズはそう多く出ないから3冊までなら買っていいか。


がらくたストリート 1 (バーズコミックス)がらくたストリート 1 (バーズコミックス)
(2008/12/24)
山田 穣

商品詳細を見る


そのうち買おうと思ってたんだけど、近所で売ってなかったのでずーっとスルーしてた。
結構面白いって声も大きかったしね。
なんか最近「日常漫画。だけど何か不思議な事が起きる(起きてる)でも日常は劇的に崩れない」みたいな漫画に縁がある。
そして俺はそのタイプ好きだったという事実。
それ町好きならまぁそのタイプは好きだろうな。
人によっては絵が粗いって言うけど、俺は好きですよ。
光表現とかね。

個人的に好きな話は「オタクがフィギュアやポスターばかり集めてるのとは違う」
好きというか共感に近いな。
俺もオタクには違いないけど、フィギュアとかポスターってほとんど買わないなぁ。
よっぽど好きなら違うけど、部屋に飾ってるのはないかなぁ。ポスターは大昔にもらったEVAとGガンのポスターもったいないからなんとなく貼ってるけど、10年以上これ。新しく付録でついてきたりするのがあるけどその気力すらない。大抵その辺にほっぽっていずれはダスト行き。
まぁオタクって案外幅広く使われてるしね。DVD買ってフィギュアやポスターだらけの部屋って人は世間一般で言うオタクの4割程度じゃないかなぁ。
だからと言って他のオタクが気持ち悪くないかって言ったら。それは全く別問題なんだけどねw
これに関しては長くなっちゃったけど、まだまだ長く語れるので単品でどこかで語る。
がらくたストリートもね。2巻も買ったし。
買っていきたいけど、次がいつでるんでしょう。面白いから次出たら買う。



後、雑誌だけど月刊HEROS買いました。
内容に関しては
「看板のウルトラマンはつまらなかったけど、他はまぁまぁ面白いのあったんでこのまま200円を続けるなら買ってもいいかも」
つまらないは言いすぎにしても、まぁ思ってたほどじゃない。
なんてことはない、いつもの作者の漫画。
作者好きなら読めば買えば。程度の認識でいいかと。

現在八作品だけど、来月から十作品になるみたい。それでも少なく感じる。
まぁ200円だし。確実にいつか値段はあがるだろうけど、それに耐えられるぐらいの連載作品が数載るかな。
後「ヒーロー全然出てない!名前詐欺!」って意見多いみたいだけど、みんな変身=ヒーローって図式なんだろうか。
それなら「オタクはフィギュアやポスターで部屋がコーティングされてる。」って認識と同じだと思うけど。
ヒーロー像が狭いというかなんというか。
まぁヒーロー像なんて各々違うとは思うけどさ。雑誌の速報でウルトラマンだったからそういう雑誌ととらえられても仕方ないのか?

まぁ、とりあえず来月は2作品増えるし、とりあえずまだ様子見で買ってもいいかな。
やっぱ財布にやさしいのは良いしね。月200円ならまぁドブに落とした程度で。

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/11/07(月) 12:58:48|
  2. 漫画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。