まんが日本俺ばなし

主に自分視点で漫画レビューしていく。 最近はSHTも感想とか書くらしい。

漫画レビュー ダブルアーツ

ダブルアーツ 1 (ジャンプコミックス)ダブルアーツ 1 (ジャンプコミックス)
(2008/08/04)
古味 直志

商品詳細を見る



タイトル:ダブルアーツ

作者:古味直志

ジャンル:ファンタジー バトル

巻数:全3巻



■あらすじ■
未知の奇病「トロイ」の蔓延する世界。少女エルーは、自らも病気に感染しつつ、感染者の"毒"を吸い取る巡回僧(シスター)を生業としていた。シスターの宿命として長くは生きられないことを冷静に受け止めつつ、いつかトロイの無くなる世界を夢みる彼女。しかし帝国南西部にある街・タームでの治療の帰り、遂に彼女はトロイの発作を起こす。エルーが死を覚悟したそのとき、絵描きの少年・キリが偶然彼女の手を取ったことで、ふたりの運命は一変する。

キリは、エルーに触れてもトロイに感染しないばかりか、触れている間は彼女の発作を止める能力を持っていた。シスター協会の命を受けたふたりは、キリの能力を解明するためシスター協会本部へ向かう旅に出るが、その間「一切手を離してはいけない」という、過酷な命令を受ける。

(wikipediaより)



■ストーリー■
■4点■


 奇病「トロイ」を治すきっかけであるキリと奇病を治すシスターのエルーの旅。
が、悲愴感はあまりなく、比較的には明るい作風となっている。

さらに、バトルは2人によるダンスを元にしたものとなっている。

 設定としては面白いところを持ってきたと言える。
さらに伏線や謎も多く散りばめてあり、これをメインに持ってきたのは珍しいと感じる。

 が、作風の明るさにより奇病の恐ろしさが伝わりづらい。
序盤はキリとエルーによる日常生活が描かれており、少年漫画として動きが少ない。
さらに、世界観の説明や用語説明も多く序盤での食いつきにくさがある。

伏線や謎を消化しきれずに終わってしまった事もあり、全体を通して中途半端な印象を受ける。



■キャラクター■
■5点■


 不思議な力を持つキリと人のために自分を犠牲にするエルー
さらには最強を目指す少女、武術の達人、他にも個性的なキャラクターは比較的多めであった。
だが、肝心の主人公達であるキリとエルーは戦闘ではあまり役に立つことはなく、中盤からバトルが多くなってきたこともあり、次第に誰に焦点をあわせればいいのかわからなくなってしまう。

さらに、敵キャラクターの強さを感じさせなかったのもマイナスポイント。



■台詞■
■4点■


 説明台詞が多い。
それ以外では比較的ギャグとシリアスで台詞を使い分けている。
シリアスな時は基本はトロイ絡みの悲愴感を出そうとする台詞が心に残る人もいるだろう。

やはり説明台詞が多いのが残念な部分である。



■画力■
■3点■


 いわゆる「綺麗」な感じではある。
だが、作画の乱れもありやや安定しない感じ。

コマ割りは変わったコマ割りがあるが、正直読みづらい。
コマも小さいところが多く、説明台詞がある部分などは窮屈。

バトルシーンによる表現は迫力がなく、読んでいても惹かれるものがない。



■総括■
■16点■


 序盤の動きの無さが読者を引き離す結果になったのだろうが、序盤の面白さはなかなか高く、むしろバトルが増えてからつまらなくなっていく。
やはり問題点はキャラクターが非戦闘向き、設定が戦うことに向いていない。

 また、バトルの迫力の無さも少年誌には致命的であった。
特にタイトルにもなっている「ダブルアーツ」習得後のバトルが非常に迫力がなく、ダンス以上格闘未満とでも言おうか。
ダンスによるバトルは説得力もなく、「何故このダンスがこんなに強いのか?」というのだけが頭に残る陳腐なもの。

キャラクターの薄さ、話の進まなさ、バトルの印象に残らなさ。
3巻という短さもあり、全体を通して印象に残りづらい作品となった。


スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/05/31(日) 17:19:41|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つきぬけていった漫画

最近は打ち切られた漫画を買うのがブーム。

一応ルールとして

・連載1年以内
・週刊で連載してた
・うちの近くで売ってる
・安い

以上を目安に買い始めてます。
別に

「マイナーな漫画も楽しめちゃう俺はすげぇ」

みたいな中二の考え

ではまったくなく、単純に読んでて楽しいですよ?
ちなみに僕が期待するのは終盤。連載も終わりに近い頃が特に。

どうやって終息にもっていくのか、今までの伏線を回収するのか、最終回はどうなる?
等等、楽しみな部分が非常に多い。

確かに長期連載は漫画として名誉なことだし、そこまで長く読者を惹きつけるのは凄いと思う。


でも、長期連載でも

寿司屋に入り浸るようになってからぬるくなったり

なんだか台詞多すぎて小説みたいな小学生探偵とか

バリア!じゃあ剣鍛える!さらに強くなった!じゃあ剣(ry とか

天使とか出てから作者がついていけてないファンタジーとか

なんてことが・・・

あるわけはないんですが

まさかプロに限ってそんなことはないです


不定期なうえ下書きで出すようになったプロとか

これは実在するので書きませんでした。
ちなみに今J誌では2人います。
敵を作りたくないのでスルーします。

さて、大分論点がずれました。

つまりどういうことかというと、連載の長さは面白さに関係ないということです。
まぁ打ち切られる理由は勿論あるんですが。

ちなみに昨日買った「MUDDY」
読みきりはジャンプの中で久々に面白かったんですが、残念ながら短期で打ち切られてしまいました。
設定やキャラは好きだっただけに残念です。
もう少し練り直せば普通に面白かったと思います。

あとはたびたび話題にあがる「ユンボル」
これは普通に楽しめてたんですが、やはり短期で打ち切り。
大分色々な設定もあったようなので、非常に残念。

さて、次はどの漫画を買おう。
そろそろジャンプ以外にも手を伸ばそうか。

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/05/30(土) 17:11:22|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メイドいんジャパン 2巻感想

メイドいんジャパン 2 (チャンピオンREDコミックス)メイドいんジャパン 2 (チャンピオンREDコミックス)
(2009/05/20)
おりもと みまな

商品詳細を見る



今日は特に買うものないし、思い切って漫画増やそうと思い、書店で
バーテンダーか、ソムリエールかと
いやに狭い二択をしてたんですが。

発見してしまいました・・・

メイドいんジャパン・・・

これの2巻を店頭で見るまで、すっかり忘れてました。

買う気はなかったんだけど、続き物をそろえないのはこう、すっきりしないので。
そもそも1巻も「なんだか斬新な漫画でたよー」って言われて買った。

内容としては「女装した男の子がバレないようにメイドの学校に通って、男として成長する」
というモノ。

エロマンガじゃないのにこれをやるのは確かに斬新でした。
エロマンガでは似たようなのありますが。

分類はエロとギャグでいいんだろうけど、おそらくここで分かれる人が居る。
笑える人笑えない人

「笑いのセンスなんて人によって違うんだから当たり前だろ」
と思うだろうけど、なんだか違うんだよなぁ。

多分、この作者の「魔法少女猫X」の印象がでかいんだと思う。

獣人の犯罪が増えた街で、獣人の猫っ娘と主人公がそれを取り締まる・・・
とは名ばかりの、猫っ娘が主人に虐待同然のことをされる。
それは歪んだ愛情表現ってのはちゃんとわかるんですけど、2巻の話が異様に重い


このメイドいんジャパンは、売りである「エロ(変態性)とバカ」が前面に出てるんですが、所々に片鱗が見られる。
多分わかる人もいると思う。
このなんとも言えない嫌悪感に似た感情。

まぁここまで書いてなんですが、別にこの作者の作品は嫌いじゃないです
そういうのも含めて「あってもいいな」とは思える。

これがもし、魔法少女猫Xの印象のせいなら凄いもったいなくない?


で、肝心の2巻を読んでですが・・・

ゲェー!?今までの前フリだったー!?

長々書きましたが、2巻は比較的笑えました。
あくまで比較的ですが。

「痛々しい」より「馬鹿馬鹿しい」
のが上回ったせいだと思う。

でもこれならバーテンダー買えばよかった。

まぁそれはともかくまだまだ続くのね。
最終話だけどうなるかは気になる。

バーテンダー (Vol.1) (ジャンプ・コミックスデラックス)バーテンダー (Vol.1) (ジャンプ・コミックスデラックス)
(2004/12/03)
城 アラキ長友 健篩

商品詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/05/29(金) 18:47:10|
  2. 漫画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さよなら絶望先生 第17集感想

さよなら絶望先生 第17集 (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生 第17集 (少年マガジンコミックス)
(2009/05/15)
久米田 康治

商品詳細を見る


15~16の間が長く感じた分、17は割りとすぐ出た感はありますね。
どうでもいいけど440円って高いよね
まぁ仕方ないと言えば仕方ないよねー


そんな、440円を申しわけなく思ったのか、今回の表紙は糸色望ではないです。
サービスなんでしょうか、単純にもうネタがつきたのか。

個人的に前巻の16集はあまり良い内容とは思えなかったので、少し買うのが出遅れましたが、下ネタアイスホッケー部からの付き合い。
育ってダーリン新装版まで買ってしまった身・・・
買わざるを得ないでしょう。

で、肝心の内容ですが、面白かったです。倫の出番が少ないのが残念ですが、元々多いほうでもないのでこれでいいのです。

今回のお気に入りはスイッチの話が何だか好き。
特に全身を緑に塗るあたりはなんだかノリが改臓の中期までに似てる気がする。

あとはゴルフの回も好きかな。
というか前田のオマケ込みでだけど。

そして今回一番のお気に入りはこれ

真実は一つとは限らない!(大人の意見)

顔まで似せるようになったのはパロディとしてかなりの進化。

段々話の間のオマケ漫画が好きになってる。
今巻の幼少時代のキッチリとニョンタカの出会いは見といて損はないと思う。

ちなみに、表紙が望じゃ無くてお嘆きの皆は、カバー下をよく見ればいい。

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/05/27(水) 16:43:18|
  2. 漫画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

09/5/26 ジャンプ感想

ジャンプ2009/26号


今回はべるぜバブが巻頭。
なんだかんだで人気あるのかしらね。


■べるぜバブ■
単なるスケ番(でいいのか?)ではなく、女子を不良から守るためってのはOK。
基本的にはベタというか、なんでもないんだけど、どうも続きが気になる。
それがこの漫画の魅力なんだろうか。
今週は特にそんな感じだったなぁ。
グッナイ!


■ワンピース■
ハンニャバルの株が俺の中で 急 上 昇 !
ただのギャグ要員かと思ったら、ちゃんとした理念も根性もあってカッコいいキャラ。
デザイン自体は元々好きだったので、ここ最近のワンピでは一番好きなキャラになったかも。


■NARUTO■
今回も過去話を挟みながら進む。
一応次回決着かな?


■AKABOSHI■
う~ん・・・
1話読んだときは結構いいと思ったんだが、2話は劇的に面白くない。
というか、これが1話なんじゃね?ってレベルで話がスッカスカ。
主人公がもっと目的あって動きまくれば面白いんだろうけど。
絵は綺麗なんだけどね。
ごちゃごちゃして読みづらいってのもあるから正直このままじゃ打ち切られるんじゃね?


■ブリーチ■
またこういう展開か・・・
もう
ピンチ→隠された力→なん・・・だと・・・
はいいっすよ・・・


■トリコ■
ある意味ベタなんだけど、こういうのが少年漫画じゃねぇの?
次回パワーアップトリコ爆誕か。


■PSYREN■
おぉ!?
まさかの展開。
ここでネメシスQ登場とは思わなんだ。


■めだかボックス■
今週は結構面白かったと思う。
でも、めだかはもう少し凛としたキャラでよかったよなー。
先週も凛としてるというよりは馬鹿の片鱗はあった(馬鹿正直的な意味と節々で)
自分の中で、読みきりのキャラがすごい印象ついてるせいもあるのかな。
こういうほのぼの学園モノはネタ切れが相変わらず心配か。


■リボーン■
他人の作ったゲームの話を聞くのってうんざりするよね。
ギャグ寄りならいいんだけど。
凝ってれば凝ってるほどウンザリする。
正確には、細かければ~かな。
正直普通のバトルでよかったんじゃ・・・って思うよ。
そっちのがわかりやすいし。


■銀魂■
ほれみろぉ!

「結局、地雷亜もそこまで悪かったわけじゃない。気づいてやればよかった」
みたいな空気かもしだしやがって!
シリアス面での引き出しがなさすぎるよ。


■いぬまるだし■
じいが目立ちすぎ。
ベタな部分が意外と好きになれた。
席をゆずってくれ、とか、はちきれたあたり。


■バクマン■
この展開はちょっと無いかな・・・
事件っていうわけじゃなかったし。
もっと残念な結末を期待してたんだよ。
最悪逮捕みたいな。
先週の引きに騙されたというか。


■黒子のバスケ■
スポーツモノの「前回の雪辱は晴らす!」
って展開は嫌いじゃない。
むしろ大好き。
先輩のキャラ薄いし、ここでしっかり見せ付けられるか。


■こち亀■
両さんが鉄人28号FXにしか見えない。
部長の目玉ロボは吹いた。
オチはいつもどおり。


■スケット・ダンス■
ようやく、ボッスン過去編終了。
いやぁ・・・長すぎたかな。個人的には。

今週だけ見ればね、結構好きな場面もあるんですよ。
誕生日おめでとうのシーンとか、最後のほうとか。
でも、これをやるために何週もやる価値はあったのか怪しい。

正直この内容ならもう少しコンパクトに収められたんじゃないだろうか。
内容のわりにあまりにも時間をかけすぎって感はある。

過去編含めて好きなシーンはあるけど、面白いとは思えないってのが正直な感想。


■アイシールド21■
なんだかなー・・・
世界戦入ってから根性論で勝てちゃうのが嫌。
今までのアイシールドを真っ向否定してるみたいで。
確かに根性で勝ってきた場面も多々あったけど、基本は相手に対抗するために技術をつけるための特訓と発想、それを補う形で根性。
それがよかったんだけど、根性比率が異様。
しかもそれで普通に勝ちそうってのが。
せっかく良キャラ揃いのアメリカが残念としかいえない。

あとキャラが豊富にいるのに、ほとんど触れられてないってのもね。
中坊とか、葉柱ルイとか。


■ぬらりひょんの孫■
じいちゃんかっこいー。
過去編としては悪くないね。


■ToLOVEる■
いつかくるとは思ったけど、ブラックキャットすぎて吹いた。
今週はエロ少な目?


■フープメン■
ちょっと続きが気になるようになった。
でもこいつ、10週過ぎて出すキャラじゃないよなー。


■ピューと吹く!ジャガー■
マイケル登場回。なんだか普通。
パーフェクトパパなのかぁ!?
でちょっと笑ったけど、そんぐらい。


テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/05/26(火) 16:03:35|
  2. 週刊少年ジャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad