まんが日本俺ばなし

主に自分視点で漫画レビューしていく。 最近はSHTも感想とか書くらしい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FGOプレイしてみて

Fate/Grand Orderを夏からプレイしてるんですが、ようやく終局(ストーリー上のラスト)を迎えました。
正直11月とか完全放置してたけど、年明けぐらいから周りで始めた人が異様に多くて触発されました。
実はFGO自体は配信してちょいのときに一回プレイしたんですが、あんまおもしろく感じなかったんですよね。正直その時はグラブルの方が熱はいってたし、何より当時は本当にシステムがそんなに面白く感じなかった。出来が悪いとさえ思いました。

そこから数ヶ月。再度プレイして驚かされました。色んな部分が改善されていたんですよ。
単純にキャラが増えて気づいたっていうのもあるんですが、このゲーム今までやってきた他のスマホゲーと違う部分があったんです。
それはレアリティ最下層でも使い所がある!

単純に「周回用に育てると楽」とかではなくて、ガチで攻略するうえでいると便利というのが一番上のランクのキャラだけじゃない。
ようするにキャラ毎に上位互換、下位互換が明確ではない、完全上位互換がほぼ存在しないので使い所があるのです。
自分が他にやってるグラブルでは、属性毎レベルでの差異しか無くほぼ下のレアリティは下位互換です。特例もありますが、基本的に「こいつら持ってればクリアできないやつはいない」というのが最高レアリティのSSRで固まっている。
SRはせいぜい趣味の範囲か足りてない部分の補完程度。Rはユニークな性能が多いけど、こいつらがいないと難しくなるっていうのは無いです。

このキャラ毎に持たされた役割が本当に画期的。
スマホゲーではなく据え置きRPGでは普通のことなんですけどね。それをスマホゲーという基本的にガチャガチャでお金を取るというシステムの中で行っているのは本当に素晴らしい。

ただ、ひとこと言いたいのは星5はどんな状況でもある程度戦えてしまうぐらいには強いということです。
なので、ガチャ引いてもいらねぇー!とかはなんないってことが言いたかったんです。はい。


ぶっちゃけそれ以外のゲームシステムはそこまで目新しくないのですが、その編成の幅広さは凄い魅力的です。

後はやっぱりストーリーが面白い。ちゃんとキャラをたてるようにしていて、星1だろうが星3だろうが(どちらもレア度は低い)活躍の場を設けられます。キャラを魅力的にするようなストーリーで、思わず使いたいなって思えるしそれが爆発したのが終局。ストーリーのラストです。
思わず涙ぐむような展開で、自分の涙腺がクリードで決壊するような涙腺だったら漏れてましたね!


ストーリー高水準、キャラの運用性の高さ、凡百とはいえ並み程度にはRPG的な面白さ。

個人的にここまでスマホゲー離れしてるスマホゲーもそうそう無いです(一時期のグラブルもこの枠でした)


是非、Fateを知らない人もプレイしてみて下さい。思った以上のものを当てられて楽しめると思います。
実際先週まで僕Fateほとんど観たことなかったので、どれが本編に出てくるやつとかざっくりしか知らなかったし各々がどんなキャラなのかとかも知らなかったので。

まぁ、オススメです。


早く月姫コラボ来いよオラァ!





スポンサーサイト

テーマ:Fate/Grand Order - ジャンル:ゲーム

  1. 2017/01/12(木) 21:50:02|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロックマンXシリーズについて

久々に懐古ネタでもつらつらと書いていこうと思います。

今回は「ロックマンX」シリーズという事で、なんとなく昨日知り合いと話してたからってだけなんですけど。

このロックマンXというゲームは自分の年齢より上ならロックマン世代な事が多いし、下ならエグゼ世代な事が多いし。
分かり合える人って世代換算した時に狭いと思うんですよ。

上の世代はファミコン世代で、無印のロックマンをやっている事が多い。
逆に下の世代は、GBAが出たという事もあってエグゼをやっていることの方が多い。
じゃあ丁度自分の世代はと言うと、小学校入るか入らないかの時にロックマンXが発売している。

また前年度にストリートファイターⅡの移植なんかもあったせいか、周りではとにかくスーファミを買ってもらうことに必死。
勿論自分もストリートファイターを買ってもらいましたよ。何故か邪鬼破壊(じゃきくらっしゅ)も買ってもらったんだけど、親は何を思って買ってくれたんでしょうね。

ちょっと横道をダンプで突っ切っちゃいましたけど、とにかく僕の世代はファミコンはもはや過去の遺物であり、スーファミこそ「ゲーム機」なんですよ。
ロックマンXと出会うのはX1ではなくX2。それまではマリオコレクションを延々と遊んでました。
今と違ってソフト自体が一万円近くしてたせいもあってあんまりソフトを買ってもらえなかったし。
X2は友達の家で遊んで、即興奮、即貸してもらいました。

なんてったってカッコいい!まずはこの一点。
バランスが絶妙で(小学生の腕前ではだけど)ギリギリの所をクリアする感じもハマった要員の一つ。
当時はマリオコレクションみたいにストーリーラインの薄いアクションゲームをやっていた事もあって、ロックマンX2のようなストーリーがあるアクションって自分から見たら異色だった。
実際は珍しくもないんだけど、これは巡り合わせでしょうね。

そこからロックマンX3を買ってもらい、PSと一緒にX4を買ってもらう。
ロックマンX中心のゲーム生活と言っても過言ではなかったですね。

個人的に面白かったのはX4まで。いや、X4もPS初作品補正が入ってるせいだけで凄い面白いかと言われるとだんまりになってしまう。
X4は当時PSのゲームで出始めていた、ゲーム内アニメーションやOPなんかを取り入れて、より現代向けにした作品だった。このままでいけば良かったんですが、予算が無くなったのかアニメの排除に目新しさが無いままX6までひっぱりX7があんな感じ。
良作のX8が出るも時既に遅し…

じゃあ何が面白いの?って話になったら、迷いに迷ってX2かな。
X2はやっぱりバランスが絶妙。小ネタも多くて面白いんですよ。勿論こういうゲームの宿命として、覚えられるとスルスルクリアできるっていうのは目をつぶるとしても。
ライフアップが1機残機を減らすか減らさないかの方法で取れたり、ボスに特定の特殊技当てると色々起きたりね。
カタツムリの敵でマイマインって奴がいるんだけど、そいつの殻が取れたりとかね。
多彩な動きを見せてくれるボスにも心惹かれますよ。

それに比べてX3はよく言われてはいるんですけど、ステージが面白み薄くボスのパターンがワンパターンで単純にゲームの出来としては悪い。
VAVA復活なんてのもあったけど、中ボスも中ボス。ナイトメアポリスの方がデザイン的に派手な分まだ目立っていた。

もう一つの魅力としてはX2含んでそれ以前はBGMの良さがとても良いんですよ。





特にX1のオープニングステージが好きでしたね。
SFCってさりげなくカッコいい曲多いから好きなんですけどね。ドンキーコングのキングクルール戦は最初のんきしてたのに滅茶苦茶カッコよくなってくのは鳥肌モンでしたね。

X2はBGM個人的にはそこそこ好きってのもあるんですけど、X2自体の演出がかなり良いのも合わさって相乗効果でドン!って感じなのが得点高いですね。


その後はBGM良作なのもあるけど、クソゲーを連発して衰退していった印象。
カプコンはやっぱり継続力が無いというか、シリーズを継続させる力が無いのがロックマンシリーズの不幸だね。
ドン判金ドブじゃないけど、本当にそう思う。


テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/12/11(木) 21:21:28|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仮面ライダー バトライド・ウォー



凄い今更なんだけど1のプレミアムサウンドエディションを借りたのでやってます。

なんていうんでしょう。キャラゲーとしては70点ぐらいの出来でかなり楽しい部類に入ります。
自分がやってきたライダー絡みのゲームではPS版の仮面ライダーとV3と同等かもしれません。
PSの仮面ライダーとV3はPSが多少異常が出るレベルでやってましたよ…

登場キャラが(怪人含めて)非常に豊富で、ゲームとしても良く出来ていました。ライダーのカードを延々と集めるコレクション要素もあって貴重な青春はこいつに吸われたといっても過言じゃないです。


バトライドウォーは果たしてどういう形で良いのか。
少なくともゲーム性はクソです。
無双とついてはいませんが、一応無双系なゲームなんですが…
正直ガンダム無双はおろか北斗無双の足元にも及ばない出来です。
(言い過ぎかもしれないけど)

じゃあどこがよくできてるのか?
それは「ライダーになりきれる」という一点のみです!

それで良いのか?という疑問もあるでしょうが、これキャラゲーとしては非常にポイントが高い。
『変身ベルトを買うのはコレクションの為じゃない、ライダーになるために買う派』の自分としては特に高いですよ。
このゲームの素晴らしい点はライダー毎に細かい動きや音声等が気持ちいいぐらい劇中再現されているという点。
さらに、ライダー毎に仕様が少し変わっている…凝っているんですよこれが。
仮面ライダーブレイドならAPを消費してカードを駆使して戦うし、仮面ライダーカブトはライダーキックをする時にちゃんとボタンを3回押せる(これは任意でタイミングを決められるので、『1』の後に相手をふっとばしたあとに『2』といけたりできる)、仮面ライダーアクセルはベルトのスロットルを上げることができる
例を挙げたらきりがない。そう、きりがねぇなって感じなんですよ。


不満点は凄い沢山あります。
ロードが長い
特定の必殺技でしか相手が倒せない。
バイクで轢けない
フィールドが地味に狭い
ロードが長い
敵の出現パターンが少ない(いつも水のエルと戦ってる気がする)
フィールドの数が少ない
ロードが長い。



このうちⅡでは改善されているのもあるらしいですけど。
まぁとにかくロードが長い…

あとプレイアブルキャラが少ない。結構NPCでサブライダーが出てくるんですが、自分では全然使えないんです。
ギャレンやイクサがいるのに全然使えないのはもったいない。
見てる限り動きもかっこいいし、専用のモーションもあって凝ってるのに…

その昔、とあるガンダムの大きいシリーズのゲームを作ってる人と話す機会があって聞いたことがある。


『なんで最近のシリーズってMSの種類減ってるんですか?』

『作るの大変だし、どうせみんな使わないでしょ?』


こちとらジムジャグラーつかうっつーの!Dガンダム使わせろよ!



そんなこともあったので、ゲーム屋的には必要ない体なんですかね。
クライマックスヒーローズの事もあったんで、もしかしたら今後サブライダー使えるかもしれませんね。

現状だと1万円これに払うのは正直かなりキツイですが、久々に全クリまでほかのゲームやらずに延々やれるぐらいは熱中できたんで、アリだとは思います。おススメはしませんが
勿論買うならⅡの方がいいでしょうね。
僕は買いませんけど!


テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/08/22(金) 20:21:32|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クルセイドの大会に出てきた

本当に書くことが無いけど、広告出るのは癪なので穴埋め的に


昨日クルセイドのシリーズに出てきました。

使ったデッキは黒単ボトムズ
朝に思い立って出てきたからこんな感じにしかならなかった。
OG6弾以来の大会で色々ぼんやりしてた。


一戦目 青単ヴァルヴレイヴ

・序盤に色々展開したりしたけど、突然20点出されて死ぬ

・もたついたら48点出されて死ぬ


××


二戦目 赤単ガオガイガーFINAL

・序盤キリコから展開するも、ドロー忘れとか持ってくるユニットのミスとかで酷い内容だった。
追加ターンからユニット除去され、ボルティングドライバーかまえられて無理でした。

・3ターン目真打ちしかGにおける手札じゃなくて仕方なく置く。もちろん相手は警戒するけど手札が悪くて削れず。
コチャックで命割ったりしたも、先ほどと同じ感じで死

××


三戦目 黒単ボトムズ

ミラーだぁー!

・相手2ターン目から搭載型に1弾キリコで果敢に攻める。こちら3ターン目に19弾キリコを出しワラワラ展開。
ワラワラ展開して後はドッグキャリアーやらでパワーあげて勝ち

・相手2ターン目から(ry
除去合戦になるも、なんとか勝ち。

○○


四戦目 黒単サムトル

・一戦目 良く覚えてないけどかなり接戦。相手が残り本国4、こちら本国5ぐらいだったかな。
手札のISSキリコを舞で叩き落されるもISSキリコを引いて除去しながら強襲で勝ち。

・二戦目 物凄くパンチ力高いし6点の焼きで除去されて泣く。

・三戦目 手札に治安警察もキリコもあってなかなか良い。3ターン目Gセットにカットで失われた日常打たれテンポが乱れる。負け

○××


なんとか一勝出来た…
XANも貰えたしとりあえず満足。
19弾発売したばかりということもあり人数多いし19弾絡みが多かったのが印象的でした。
電童が多めで、やっぱ3ターン目ブラッドフォードからの展開あるわブースト手段あるわフェニックスエールまじつよだわで使いたくなりましたね。

暇ができたらドンドン参加していきたいなー

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/08/04(月) 17:35:39|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

逆転裁判5 感想




電車の中でちまちまやってた逆転裁判5がついに終わりました。
4から6年…もうそんなに経ったのか…
ていうかシリーズ開始から13年か。
興味持ったの今でも覚えてるよ。最初はパロディのFLASHからやろうと思ったんだよ。
今では懐かしい八頭身が被告人になるやつ。逆転裁判の体験版からのパロFLASH。あれはあれでまんまだけど面白かったな。
そこからHPで体験版をやって「これは凄い…買う以外の選択肢が無い…」と当時13歳だった僕は思ったわけですよ。
GBAは既に持っていたが、(当時にしては)凄いハードを手に入れたいという欲を満たすためだけに買ったのでろくにソフトなど持っていなかった。
GBCのゲームやったりしてたので宝の持ち腐れもいいとこ。

前述したとおり既にネットの海を徘徊してた俺は、ネット上での盛り上がりに「予約した方が良いのか?」
とか不安になっていた。別に予約すりゃいいのに。
ファミ通を買いだしたのがちょうどこの時期なのもあって、ファミ通でも少し取り上げられていたりして「これは売れるだろうな」
そう確信していた。

来る10月12日!逆転裁判は自分が思ってるよりすんなり買えた。
余裕も良いところだった
注目ソフトでもあっただろうけど、まだまだ周りは持っていなかったのだ。GBAを。
実際、自分の周りが買いだすのはもう少し後だった。そして対戦ソフトとかも食いつくものがなかったせいで、わかんなかった。持ってない事に。


後はプレイしてドハマリ。
何周もして調べられそうな所は延々調べたりしてた。

それから2、3とやりハードが買わった4で少し不満が出たり。

今回は13年経って多少は大人になったし、昔ほど4に怒りも無いので純粋に5楽しみでした。


それじゃあいい加減感想を…

今回はDLCも含めて書くのでご注意を。 逆転裁判5 感想

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/09/02(月) 05:27:37|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。